中国「写真で見る、足で歩く~地方・田舎」日本の面積半分以上~広すぎて困った:目的地へも・・

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                           (Media.より)

土地が広すぎて、目的地までたどり着けない・・

そんな土地が中国にもある。

 

何しろ日本の面積の三分の二以上、26万平方キロも

ある巨大な都市、「呼伦贝尔市」である。

 

夜行列車に乗り、行けども行けども辿り着く

こともない内蒙古东北部,总面积26万平方公里。

 

全国面积最大的一个地级市・・であるが、世界

一の都市でもある。

 

乗る距離もさることながら、列車の遅れもそれだけに

大幅遅れのこともある。  筆者も2度ほど訪れたが

4時間遅れなどはザラである。特に冬の季節では・・。

 

「駅」を降りてからも路線バスも少なく、ましては

地方の農村へ行こうとしても二日はかかりそうだ。

 

地図を見ても目的地の「農村」の名前は記載なし。

それでも方向の見当をつけて乗ろうとしても、その

先の乗り継ぎ方法が、運転手でも解らないと言う。

 

内蒙古地区ということで人口も少なく、全国からの

観光客が大勢来るわけでもない。

 

市の自治をつかさどるのも並大抵なことではない、

と感じながら今後も旅を続けたい。

(都日中:akisawA) 

最新情報はこちらから
>認定NPO法人東京都日本中国友好協会

認定NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net