中国武漢での新型肺炎による訪中や交流に再び打撃か・・春節以降も!マスクよりも訪日客の笑顔が見たい!

中国「新型肺炎」日中・中日交流特に訪中旅行は2003年

時の再来、そして大打撃か・・・!

 

17年前の時と同様に、多くの二国間交流は勿論のこと、

特に日本からの訪中が大激減となるのだろうか。

新型肺炎等の流行による交流に与える打撃は今後大きく

影響をもたらすことも予想される。

 

武漢を中心に、列車そして航空便を、そして駅や空港を

閉鎖しての水際大作戦も少々後手にまわったのでは、

という指摘もあるのは確かだ。 国や地域の面積や、それ

らを取り巻く環境が日本とは 桁外れに大きいという

事情はわかるとしても、地域や国の対応までもが後手に

回ってしまったことは大いに反省もしなければならない

ことは確かである。

 

今後も各方面、分野において様々な影響が次々と派生

してとしてくることは大変残念なことである。

 

特に、教育関係や青少年の交流にはじまり、今後予想も

される地域の交流が次々と中止になるのではないだろうか。

 

当協会も含め、同様の団体においても、そしてまた今年

の計画ばかりでなく来年度以降の交流計画や研修、視察

等も激減するものと思われる。

 

今年も含めた過去10年間は「大激増のインバウンド」の

伸び率に比較しても、アウトバウンド旅行は今なお、

回復の兆しは全くない。

 

過度の心配も必要はないが、今後はまた様々な風評被害

等も大きな心配事だ。

 

過度な心配は不要であるが、何よりも正確な情報に基

づき正しい理解のもと、訪中そしてインバウンドにも

確実に対処をしていきたい。

最新情報はこちらから
>認定NPO法人東京都日本中国友好協会

認定NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net