中国の民族大移動 黄金週そして夏が来た!行くなら広大な西域へ!

夜、10時ni なろうとしても外には まだ明るさが!

一日は確かに長く感じる 西域での時の過ごし方。

中国全土でやっと在宅から解放されようとしているようだ。

長い長い耐乏生活からの解放感は どんなに自由かを!味わ

えるかが、この日からやっとわかるのだろうか!

中国、この自治区の広さにもあきれるほど広いという

ことが実感できたのも かれこれ10年くらい前のこと

だった。 自由時間が撮れる夏休み前に 思い切って

西域への列車そして夜行バスの旅を始めたころだ。

長~い夏を思わせる 季節がまたやってきた。

民族大移動が始まった!1億人以上の移動もいつも

より少ない! 密集地よりも~もっと広大な西域などは

どうだろうか。 

夜行バス24H 区都烏魯木斉から南の和田市へ。 

底抜けに明るい人々だ。夜10時を過ぎても外は

まだ明るい。 

これからは笑顔が一番だ!この新疆ウイグル

自治区で感じた時の感想だ。この想いはいつ

でも、そつをして永遠に消え去ることはないだろう。

今年5月、長く苦しい在宅生活を余儀なくされた

中国の方々の生活を思うと誰でもが 一刻も早く

へと飛び出たくなるのではないだろうか。

私たち、日本での生活を送るものも同じように

感じている。

この地球上から 一刻も早く新型感染の事態から

飛び出したいものだ。

            当時の西域紀行より~akswA~

最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net