NO IMAGE

ベニラン インタビュー 【ミニコラム 中国の今 Vol.3】

 

ベニラン インタビュー <ミニコラム 中国の今 Vol.3

  

 今回は、日本で歌手活動をされている中国出身の双子姉妹のBENYLANのインタビューをお届けします。彼女達は来日した当初、全く日本語が話せなかったそうですが、インタビューの中で話す日本語は、訛りがほとんど感じられないきれいな発音でした。

そんなBENYLANが日本に来ることになったきっかけ、現在の活動、そして将来について聞いてきました!

 

いつ日本に来日されたのですか?またそのきっかけは?

BENYLAN:初めて日本に来たのは、2006年ですね。本格的に、日本を拠点に活動し始めたのは、2009年からで、主に歌手活動を中心に活動していました。

 

今流暢な日本語をお話になられていますが、来日した時もすでにペラペラだったのですか。

BENYLAN:全然話せませんでした笑。何もわからなかったですね。ですから、一緒に歌手活動をしていた日本人のメンバーや近所のおばさま達に丁寧に手とり足とり教えていただきました。本当に感謝しています。

 

よい出会いがあり何よりです。では、そもそもなぜ日本に興味を持たれたのですか?

BENYLAN:縁があったと感じています。特に幼い頃見ていたアニメの影響は大きいと思います。例えば、ドラえもん・クレヨンしんちゃん・ジブリの映画などです。

実際に日本に来てみて、想像とは違っていたこと、困ったことはありましたか?

BENYLAN:非常に清潔できれいな印象を受けました。あと、レストランで常に冷たい水が出てくることに驚きました。夏ならわかるのですが、冬にも氷が入った冷たい水が出てきたときは、困りましたね。

電車内でも日本独特の経験をしました。こちらも息をするのをためらうほど、周りの乗車客の方々が静かでした。中国では、ありえません笑。携帯で電話しているし、大きな声で会話をしています。

 

異なる国で生活を始めることは、大変なことも多いのですね。さて、現在はどのような活動をしているのですか?

BENYLAN:現在は、歌手活動や貿易関係のビジネスをしています。日本の化粧品は、中国での信頼度が非常に高く需要があるのです。

 

日中のビジネス文化の違いを感じることはありますか?

BENYLAN:ありますね。中国では、スケジュールに割と余裕を持たせるのですが、日本は違います。スケジュールがかっちりされていて、多少やりづらさを感じることもあります。

 

最後に将来の夢ややってみたいことを教えてください

BENYLAN:日中文化交流に関わりたいですね。政治的には衝突が続いていますが、民間レベルできることがあれば、日中友好イベントに積極的に関わっていきたいですね。

 

それでは、是非私たちの企画するイベントに参加してください!笑

BENYLAN:是非お願いしいます笑。

 

【編集後記】

インタビューは、笑いの絶えない和やかな雰囲気の中で進められましたました。しかし、彼女達の言葉の節々に異国での生活の苦労が滲み出ていました。そうした苦労にも負けず、二人姉妹で手を携えてお互い支え合ってきた強い絆を感じました。

 

山崎将大北京2012年~2013)】

 

 

NO IMAGE
最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net