【第6回】中国語で魯迅の孔乙己を読んでみる(オンライン中国語講座読解編)

跟我们一起读“孔乙己”吧!-第6回-

東京都日中友好協会中国語普及委員会です。

第5回目のチャレンジはいかがでしたか?

孔乙己の反論です。孔乙己はなぜこのような境遇になってしまったのでしょうか?

それにしても、孔乙己の言い訳は滑稽です。

「孔乙己」は、1919年「五四運動」が起きた年に書かれた、「狂人日記」続く二作目です。

第5回解答

では、最初に第5回目のピンイン、朗読と翻訳例です。

《拼音》

《翻訳》

孔乙己は、顔を紅潮させ額に青筋を立てて反論する。「書物を盗るのは盗みには数えぬ…書物を盗るのは…読書人のことで、盗みと言えるのか?」

そのあとに続く話は、分かりにくい「君子はもとより窮す」とか「なり・けり」などのたぐいとかで、みんなのどっとした笑いが起こりだし、店中に活気のある空気を充満させた。

人々が陰であれこれ言うのを聞くと、孔乙己はもともと書物を読んで勉強をしていた。しかし結局学校に入る事はできず、生活もままならず、だんだんと貧乏になって、やがて乞食をするばかりになった。幸いにもうまく字を書くことができたので、人のために書物を書き写し、飯の種とした。

《発音》

読み手:陳麗麗(東京都日中友好協会青年委員会)

第6回課題

それでは、第5回目からの続きです。

皆さんへの課題は

  1. 原文にピンインを付けて音読する。
  2. 原文を翻訳してみる。

一週間後に、ピンインと翻訳例、その部分の朗読をアップしますので、ご自分の答えと比べてみてください。

さあチャレンジ6です。

可惜他又有一样坏脾气,便是好喝懒做。坐不到几天,便连人和书籍纸张笔砚,一齐失踪。如是几次,叫他钞书的人也没有了。孔乙己没有法,便免不了偶然做些偷窃的事。但他在我们店里,品行却比别人都好,就是从不拖欠;虽然间或没有现钱,暂时记在粉板上,但不出一月,定然还清,从粉板上拭去了孔乙己的名字。
孔乙己喝过半碗酒,涨红的脸色渐渐复了原,旁人便又问道,“孔乙己,你当真认识字么?”孔乙己看着问他的人,显出不屑置辩的神气。

最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net