【第7回】中国語で魯迅の孔乙己を読んでみる(オンライン中国語講座読解編)

跟我们一起读“孔乙己”吧!-第7回-

東京都日中友好協会中国語普及委員会です。第6回目のチャレンジはいかがでしたか?

孔乙己は、酒好きの怠け者で、頼まれた仕事もこなせず、こそ泥までして、身をもち崩しちゃったのですね。でもいいところもあるみたいです。

「粉板」は、漆塗りの白い板で、そこへ墨汁で書きつけたそうです。ここでは黒板と訳します。

第6回解答

では、最初に第6回目のピンイン、朗読と翻訳例です。

《拼音》

《翻訳》

惜しいかな彼はその上また悪い癖があった、酒好きの怠け者で、なん日も経たないうちに、人も書籍、紙、筆、硯さえ一緒に行方不明になってしまう。何回かこのようなことがあって、彼に書物を書き写させる人はいなくなった。孔乙己は他に方法がなく、偶然に窃盗をすることもやむを得なかった。
しかし、彼はうちの店では他の客と比べずっと品行がよかった。これまで支払いが滞ることはなく、もちろん時たま現金がないときは、一時的に黒板に書かれていたが、一か月以内に必ずや借金を完済し、黒板の上からは孔乙己の名前が拭い消されていた。
孔乙己は酒を半合飲んだ頃には、紅潮した顔色は段々と元に戻った。傍らの人がまた問いかけた。「孔乙己は、本当に字を知っているのかい?」と、孔乙己は、弁解するにも値しない表情で彼に問いかけた人を見た。

《発音》

読み手:陳麗麗(東京都日中友好協会青年委員会)第7回課題

第7回課題

それでは、第6回目からの続きです。

皆さんへの課題は

  1. 原文にピンインを付けて音読する。
  2. 原文を翻訳してみる。

一週間後に、ピンインと翻訳例、その部分の朗読をアップしますので、ご自分の答えと比べてみてください。

さあチャレンジ7です。

他们便接着说道,“你怎的连半个秀才也捞不到呢?”孔乙己立刻显出颓唐不安模样,脸上笼上了一层灰色,嘴里说些话;这回可是全是之乎者也之类,一些不懂了。在这时候,众人也都哄笑起来:店内外充满了快活的空气。

在这些时候,我可以附和着笑,掌柜是决不责备的。而且掌柜见了孔乙己,也每每这样问他,引人发笑。孔乙己自己知道不能和他们谈天,便只好向孩子说话。有一回对我说道,“你读过书么?”我略略点一点头。

最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net