【第12回】中国語で魯迅の孔乙己を読んでみる(オンライン中国語講座読解編)

跟我们一起读“孔乙己”吧!-第12回-

東京都日中友好協会中国語普及委員会です。第11回目のチャレンジはいかがでしたか?

孔乙己がボロボロになってやってきました。

中国では通常の燗徳利は碗に2杯分の酒を温める大きさに出来ているそうで、徳利に半分だけ温めてくれなどという注文のしかたはしないそうです。

ここで孔乙己は1杯だけ注文しますが、その銅銭がやっとのことで工面したものであることがわかります。

第11回解答

では、最初に第11回目のピンイン、朗読と翻訳例です。

《拼音》

《翻訳》

ある日の午後、一人のお客もいないし、私はちょうど目をつぶって座っていた。

突然すきを狙って声が聞こえた。「酒を1合燗(つ)けておくれ」この声はとても低かったけれど聞きなれた声だった。

見ると人っ子一人いない。立ち上がって表の方を覗いてみた。

あの孔乙己がカウンターの下で敷居に向かって座っていた。

彼の顔は黒く痩せてもう酷いざまだ。破れた袷を着て、あぐらをかき、下にはむしろを敷いて、藁縄で肩にしっかり掛けている。

私を見るとまた「酒を1合燗(つ)けておくれ」と言った。番頭さんも頭を突き出し、面と向かって「孔乙己か?お前まだ銅貨19枚借りがあるよ。」と言った。

孔乙己はしょげかえって上を向いてに答えた。

「これは…次返すよ。今回は現金で、酒はいいのをおくれ。」

《発音》

読み手:陳麗麗(東京都日中友好協会青年委員会)

第12回課題

それでは、第11回目からの続きです。

皆さんへの課題は

  1. 原文にピンインを付けて音読する。
  2. 原文を翻訳してみる。

一週間後に、ピンインと翻訳例、その部分の朗読をアップしますので、ご自分の答えと比べてみてください。
さあチャレンジ11です。

掌柜仍然同平常一样,笑着对他说,“孔乙己,你又偷了东西了!”但他这回却不十分分辩,单说了一句“不要取笑!”“取笑?要是不偷,怎么会打断腿?”孔乙己低声说道,“跌断,跌,跌……”他的眼色,很像恳求掌柜,不要再提。此时已经聚集了几个人,便和掌柜都笑了。我温了酒,端出去,放在门槛上。他从破衣袋里摸出四文大钱,放在我手里,见他满手是泥,原来他便用这手走来的。不一会,他喝完酒,便又在旁人的说笑声中,坐着用这手慢慢走去了。

最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net