【第13回】中国語で魯迅の孔乙己を読んでみる(オンライン中国語講座読解編)

跟我们一起读“孔乙己”吧!-第13回-

東京都日中友好協会中国語普及委員会です。第12回目のチャレンジはいかがでしたか?
なんとも哀れな孔乙己。中文の段階で胸が詰まりました。たった4枚の銅貨を破れ袷のポケットに入れていざりながらやってきました。先に孔乙己が店に現れた時は、“温两碗酒,要一碟茴香豆”言って注文し、銅銭を9枚並べています。ところが今回はつまみの茴香豆もなしに1杯だけ注文しているのです。
第13回の課題は最後の課題です。よろしくお願いします。

第12回解答

では、最初に第12回目のピンイン、朗読と翻訳例です。

拼音

翻訳

番頭さんは、相変わらずいつもと同じように、笑いながら彼に言った「孔乙己、お前また物を盗んだな!」しかし今回彼はまったく弁解しなかった。ただ一言「からかわないでくれ!」と言った。「からかう?盗みをしなかったらどうして足を折ることができるのかい?」孔乙己は低い声で、「転んで折ったのだ、転んで、転んで…。」と言った。彼の目の色は、番頭さんにもう言ってくれるなと懇願しているようだった。この時にはもう幾人か集まっていて、番頭さんと一緒に皆笑った。私は、酒をお燗し、もって出て、敷居の上に置いた。彼は破れた服のポケットから4枚の銅貨をつかみ出して、私の手の中に置いたが、彼を見ると手は泥だらけで、なんと彼はこの手を使ってやって来たのだ。まもなく彼は酒を飲み終えると、すぐにまた人々の笑い声の中、座りながらその手を使いゆっくりと去っていった。

発音

読み手:陳麗麗(東京都日中友好協会青年委員会)第12回課題

第13回課題

それでは、第12回目からの続きです。

皆さんへの課題は

  1. 原文にピンインを付けて音読する。
  2. ②原文を翻訳してみる。

一週間後に、ピンインと翻訳例、その部分の朗読をアップしますので、ご自分の答えと比べてみてください。

さあチャレンジ13です。

最後のチャレンジです。

自此以后,又长久没有看见孔乙己。到了年关,掌柜取下粉板说,“孔乙己还欠十九个钱呢!”到第二年的端午,又说“孔乙己还欠十九个钱呢!”到中秋可是没有说,再到年关也没有看见他。
我到现在终于没有见——大约孔乙己的确死了。
一九一九年三月。

 

最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net