大学生訪中団100名 北京等で現地学生等との意義ある交流~中国政府等事業で夢と期待が未来に

LINEで送る
Pocket

 (現地でも大きく報道された大学学生交流 ~対外友好協会

 

  北京での交流の様子(pht by随行員)

                                                     (Pht 中日友好協会HPより)

中国各地を訪れ、学生交流や各地での意義ある

視察・研修等を終え無事、帰国した大学生訪中団。

 

中国政府の要請を受け、協会が派遣そして中日が

受け入れをしている事業である「大学生訪中団]の

一行(2019年3月21日発)が北京や広州等におい

て、現地大学生と心に残る交流を行った。

 

中国での各都市での人々の生の生活や文化等の面

に直接触れたり体験をする絶好の機会である。

 

今回も全国から集合した様々な大学の学生達も、

も100名が参加することとなったった。

3月21日から1週間の日程で参加費は1万円であった。

 

何よりも、初めて見る現地・中国の様子を肌で感じ

ることができできた今回の企画は,学生達の今後の

世界を見る目もがらりと変わり、メディア報道だけで

見たり読んだりすることとは また一つ違った感覚

で中国を直視できたことは 学生にとっても大変意義

ある体験であったと思われます。

 

特に、現地の大学生達との「交流」は、言葉の問題こそ

あるものの 双方が心で感じとった触れ合いであり、今

後の学生生活、そして社会生活のなかでも大変 大きな想

い出に残る一ページとなるのではないだろうか。写真の中

で見る学生達の交流時の生き生きとした顔、笑顔は何度見

てもいいものだ。

(by akisawA, 第1回目の大学生訪中団に随行)

 

 

    広東省対外友好協会hpより

 

(今回、深圳も訪問コースに:Image )

 

 


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket