2018年日中友好協会等日中友好団体と中国大使館「新年会」開催2/8 あちこちのテーブルで笑顔とお祝いの声が響き渡る盛況だった

LINEで送る
Pocket

2018年2月8日夕刻、都内、品川のホテルにて、

「中国大使館・日中友好7団体」の新年会が昨年

に引き続き今年も同ホテルにて開催された。今年、

「日中平和友好条約締結40周年記念」ということ

もあり、程大使をはじめ、日中7団体(日中友好協

会丹羽会長や日中友好員連盟、日中協会等々の代表

他多くの会員・関係者が集い新年を祝った。

 

これまでの苦しかった日中関係ではあったが、どうや

ら昨年より、やっと日中間にも曙光が見えてきた

ようだ。日中首脳の会談、そして大型の経済団体の訪中

等など好材料も揃いつつ、今年以降は大きな関係改善の

期待も持てる。 是非とも本年の平和友好条約40周年を

記念に向けて、これからは嘗てのような良好な2国間で

あってほしいものだ。

 

 

今回も、多くの議員等が会場に終結したが、かつて、80

年代にはその中で、数人の議員とも一緒に訪中もした。今

でも立派に活躍をされ、そして日中の更なる発展のため

に活動をしているが、流石にあれから30年余という時の

経過と 時代の変化についていくのも大変である。

 

そして、当日の様々な方面に従事している方々との話の中で

「高齢化と体力」の衰えは免れないな、とも感じた。

これらも又、今後の各団体が抱える大きな課題である

と思わざるを得なかった。

いわゆる、各団体が直面している大きな課題、3K?~

問題~高齢化(組織内会員等)、経営経費苦戦(財政問題)

そして狭小化(会員減少)といった大きな課題も各団体とも

抱えているようだが、今後は早急に取り組むべきである。

 

新年に向けてのお祝いの時でもあったが、参加者等の

「顔の表情」等をみてみると、そんな思いもついつい頭を

横切ってしまいそうな 少しばかり不安な一瞬もあった。

これからの両国の継続的で良好な関係を続けるのであれば、

私たちも強靭な体力も整えておかなければならないとも思う。

そして若々しい気力もだ。

 

来週末からは中国も本格的な休暇に突入し、誰もが新年

を祝い、家族や会社や組織のこれからの幸福を祝うべき

時ともなるが、ここでは純粋にお祝いと今後の安定と幸

福を願い、そして記念すべき一日でもあった。

しかし、わかってはいても解決までの糸口が見当たらなく、

以来、20年、30年が過ぎ去ってしまったようだ。

 

会場内のあちこちのテーブルにて、参加者の笑い声や祝福

の声が響いているのを見たり聞いたりすることは、本当に

楽しい ひとときでもあった。


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket