東京都日中Blg・FB 写真で見る大陸移動~朝昼晩、情緒ある「夜行・高鉄・長途汽车そして路線B」で・・

LINEで送る
Pocket

大陸移動で気になる天気・・・

大きな荷物を二つ持ち、駅で、道路で、そして歩道を歩く

にも、 雪や雨の場合は本当に泣けてくる・・・。

 

大混雑の改札前にて身分証と荷物✔で長い時間を待たされ

そして座る場所の無い大待合室・・。始発駅の夜行ともな

ると8百人位が長いベンチで待っている。横になっている人

や巨大すぎる荷物を椅子の上に無造作に置き、椅子席を2つ

位占拠する者もいれば、カップ麺とソーセージを齧りながら

腹ごしらえをするものもいる。 夏の季節はその匂いが強烈

に鼻を衝く・・。(それにしても旨そうに食べてるな、と

いつも感心しながら見ている)。今は、極寒の季節であるの

で食べる乗客もすっかり体が温まったようだ。

 

確かに・・見ているこちらも、ついつい食べたくなる。

いずれにしても、夜行列車2泊もするカップ麺は1箱位は

必要になりそうだ【笑】。数人のグループの中国人は、み

かん箱で2ケースほどに詰め込んで車内に持ちこむケース

も多い。(給湯所でお湯を注ぎ、食べた後はカップとスー

プ残し等をゴミ箱へ・・)。夜も更けると、そのまま寝台

の上段,中段に潜り込み翌朝まで眠り込む・・。

 

そして翌朝、目が覚めると再びカップ麺をた食べ始める地

元の中国人グループ達・・・。そして昼も麺(と果物)を

流し込むように、かぶりつく様に再び食べ始める・・。

 

そのような流れで、車内で2晩も過ごすと、確かにカップ

麺も(一人)5,6個くらいは必要になる。この、なんと

も非日常の車内生活は、通常の社内の業務上では例えられ

無いほどのドラマがある。 そんな筋書きのないドラマと

出逢いがあるからこそ夜行列車移動の旅は楽しく感じるも

のだ。(それでも最近は一抹の寂しさを感じざるを得ない

時もある。所謂、高鉄の休息の、いや急速な進出だ・・。

(大幅な時間短縮で車内もデラックス気分を味わいながら

移動するのもいいが、なんといっても「情緒」というもは

全く感じられない)。

~これも時代の変化なのだろうか・・~(途日中AkisawA)

 

 

  次々路線拡大、スピードも益々Up

  急激に進む高速高鉄路線網・・・

 ↓今や、東西、南北の夜行寝台列車が消えつつ

  あり、旅の「情緒」は全く吹っ飛んでしまった。

  これも「時代のニーズ」の現れだ・・。

 

 列車から省またぎの高速バスで・・・

(↓このように豪華な欧州の高速バスであれば

  旅も出張も楽しいものだが・・)

夜も明け、朝になると、車掌等のクリーン作戦が・・

 


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket