中国最新info2010年8月15日号

LINEで送る
Pocket

■河南省 全国初、人口1億人超の省に

 河南省の総人口は今月にも1億人の大台を突破し、全国初の人口1億人を超える省となる。計画出産政策の施行以来、1億人到達が当初の予測よりも13年遅れた。(人民網日本語版7月12日)

■2050年、インドの人口は中国より2億人多く 

インド政府の統計によると、インドの人口は過去100年に5倍となり、推計では2050年までに、インドの総人口は中国をこえるという。昨年までの総人口はインドが11億9800万人、中国は13億4500万人。人口増加率から推計すると40年後のインドの人口は16億1300万人、中国は14億1700万人となり、インドが2億人上回ることに。(人民網日本語版7月13日)

■ことしのトキの繁殖結果 59羽が成育、総数173羽

 ことし2010年は佐渡トキ保護センター、野生復帰ステーションなどで21組のペアで繁殖に取り組み、計149個の卵が産まれ、このうち59羽が順調に成育している。この結果、日本の飼育下におけるトキの総個体数は173羽に。(駐新潟中国総領事館サイト7月22日)

■中国 第6回国勢調査に巨額投資へ

 ことしは全世界63の国と地域で国勢調査が行われる。中国の第6回国勢調査は11月1日午前0時に開始される。今回の国勢調査は前後3年間にわたり、調査員計600万人以上が動員され、社会各界から莫大は人的、時間的、物質的コストが投入されることから「平和時最大の社会動員」と呼ばれる。前回の第5回国勢調査は2000年に実施された。(人民網日本語版7月26日)

■11月の広州アジア大会、準備完了

 第16回アジア大会は11月12日から27日にかけて、広州で開催され、アジア45の国・地域から1万4000人が参加し、42種目でメダルを争う。広州アジア大会組織委員会は上海万博会場で行われた記者会見で「大会開催の準備は整った。大会のための全ての建物の建設は完了した」と報告した。(中国国際放送局日本語部7月27日)

■北京─天津高速鉄道 2年間で4000万人を輸送 

2008年8月1日から運転を開始した北京│天津間の高速鉄道はこの間4096万人を輸送した。この鉄道は総延長120キロ、最高速度は350キロ、所要時間は30分。毎日70本が発着し、1日平均6万人を運ぶ。(中国国際放送局日本語部8月2日)

■中国2つの「世界遺産」登録 丹霞と崇山歴史建物群 

中国河南省登封の「天地の中」歴史建築群(原名:崇山歴史建築群)がユネスコ文化遺産に、広東省の「丹霞」が同自然遺産に登録された。これで中国の世界遺産は40件に。(駐大阪中国総領事館サイト8月3日


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket