中国最新info2011年5月25日号

LINEで送る
Pocket

■「五一」連休の新名所、西安園芸博と海南免税店

 国家観光局によると中国の今年の「五一(メーデー)」ミニ連休では4月28日に開幕した「2011西安 園芸博覧会(西安世園会)」と海南省での免税ショッピングが国内旅行の2大人気観光スポットに。西安世園会は連休初日の4月30日の時点で入園者数は9万人に上り、10月22日までの会期中に1200万人の来場を見込む。海南免税買い物ツアーは現金100元相当の買い物券が特典として付いたために注目を集め、全国から数万人が参加した。(人民網日本語版5月3日)

■中国、5月から飲酒運転に刑事罰を適用

 中国では5月1日、「刑法修正案(八)」と改正後の「道路交通安全法」が正式に施行された。これにより、飲酒運転に対する処罰が従来の「行政処分」から「刑事罰」適用に切り替えられた。2つの法案によると、飲酒運転の場合、6カ月の免許停止処分にしたうえで、1000元(約1万2500円)〜2000元の罰金に処し、血中アルコール濃度が高い場合は「危険運転罪」を適用して刑事責任を追及し、5年間は免許の再取得を認めないとする。飲酒運転で大きな事故を起こした場合、刑事責任の追及とともに、免許の再取得を生涯にわたって認めない。(中国国際放送局日本語部5月4日)

■中国自動車販売台数 2020年には世界の半数に 

中国自動車工業協会が発表した最新データによると、2010年の中国新車販売台数は1806万台と米国の1160万台を大きく上回った。同協会は20年の中国新車販売台数を4000万台と予測。この数字は世界の自動車販売台数の半数以上を占め、中国が北米を超えて、世界最大の自動車販売市場になることを示すもの。高級車の市場で昨年、中国で14万7700台を販売したベンツ社も中国はまもなくドイツを抜いてベンツ最大の販売市場になると見る。(人民網日本語版5月5日)

■世界人口、今年70億人を突破へ 

国連統計 国連はこのほど発表した「世界人口推計2010年改訂版」の中で世界人口は今年10月31日に70億人に達すると予測した。また、世界人口は2050年には過去の予測を1億6000万人上回る93億1000万人に達し、今世紀末には100億人を突破するだろうとした。一方中国の人口は下降線をたどり、今世紀末には10億人以下に減少すると予測された。(人民網日本語版5月5日)

■2010年 北京の勤労者の平均年収5万元 

北京市統計局が6日に発表した統計によると、2010年北京市の勤労者平均年収は5万415元(約65万円)だった。一方、平均年収が最も高かった業界は金融業で19万2139元(約249万円)、最低は市民サービス・その他のサービス業で2万2689元(約29万円)と大きく差が開いた。(人民網日本語版5月9日)


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket