中国最新info2011年8月5日号

LINEで送る
Pocket

■一部の都市で試行 個人クリニックの開設認可へ

 中国衛生省は6月28日、「中国の一部の都市で条件にかなう医師であれば個人クリニックの開設を認可する」と発表した。一部の都市とは天津市、瀋陽市、長春市、アモイ市、昆明市。個人クリニック開設のための条件とは、引退または定年退職した健康な「医師免許」保持者で「医師資格証明書」を取得した後、医療・保険機関で累計5年以上の勤務経験があることなど。またベテランの漢方医が漢方医学クリニックを開設することも奨励するという。(北京6月28日発新華社=中国通信)

■「新華字典」の最新版︿第11版﹀刊行 

中国人に最も知られている字典「新華字典」の最新版、第11版が発刊された。中国社会科学院語言研究所と商務印書館が8年をかけて改訂したもので、7月4日から大陸、香港、マカオ地区、東南アジア諸国、オーストラリア、北米などの主要各都市の書店に並んだ。(新華社北京7月5日発)

■日本、専門学校留学生の就職条件を緩和

 日本の専門学校、短大などを卒業した海外留学生はこれまで法的規制のため、就職の際に大学卒の留学生より不利な立場に置かれていた。7月1日、法務省は外国人就業資格取得の学歴条件を改正、専門学校卒の留学生の日本での就職条件を緩和した。従来は外国人が日本で技術・教育分野で就労する場合、原則「大卒以上」の学歴が必要だったが、今回の改正で「専門学校卒」を学歴条件に追加した。専門学校卒留学生の日本での就労チャンスが増える見込み。(人民網日本語版7月8日)

■中国、南スーダン共和国と国交樹立 

中国は7月9日に独立した南スーダン共和国と国交を樹立した。同日から中国は南スーダン共和国の独立を認め、国交を樹立し、平和共存5原則に基づいた各分野での友好協力関係を確立していくとした。(中国国際放送局日本語版7月9日)

■上半期の中国鉄道旅客9・1億人 12・2%増

 今年上半期の鉄道旅客は前年同期比12・2%増の9億1000万人近くに達したと、中国鉄道省が10日発表した。上半期の鉄道貨物輸送は前年同期比8%増の19億4000万トン余りに。また、6月30日に開業した全長1318キロの北京・上海高速鉄道の旅客は年間8000万人を超える見込み。(北京7月10日発新華社=中国通信)

■チベット初の高速道路が竣工

 ラサとクンガ空港間 チベット初の高速道路、ラサ│クンガ空港専用道路が竣工、近く開通する。チベット自治区にとって公道建設の新たなスタートとなる。同専用道路開通でラサ市内からクンガ空港までの所要時間は1時間短縮され30分になる。全線無料。(人民網日本語版7月15日)


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket