中国最新info 2011年10月25日号

LINEで送る
Pocket

■舟山市普陀区が中国国内初の無料無線ネット都市に

 浙江省舟山市普陀区には多くの国家級観光区があり、昨年訪れた観光客は1378万人。普陀区政府は9月から区全域で無線インターネットが無料で利用できる環境を中国で初めて整え、市民や観光客は観光情報の検索やネットサーフィンを無料で楽しめるようになった。(人民網日本語版9月26日)

■アジアブランド500強番付 トップはHSBC 

2011年「アジアブランド500強ランキング」が9月28日、発表された。上位ブランドは1位に香港上海銀行(HSBC)、2位にソニー、3位に韓国のサムソン、4位に中国工商銀行、5位に携帯電話キャリアの中国移動、6位はキヤノン。中国中央テレビが7位に、8位に国家電網、9位に韓国のLG。中国石油は10位にランクインした。(人民網日本語版9月29日)

■上海はすでに「長寿地域」、平均寿命は82・13歳 

上海市では60歳以上の高齢者が総人口に占める割合が23・4%に上り、平均寿命は中国全体の73歳を上回る82・13歳に。昨年末現在、上海市で100歳以上の高齢者は997人で10万人中7・1人に。100歳以上の高齢者が10万人中7人以上になると「長寿地域」とされる。国連世界人口推計によると、昨年の日本の平均寿命は82・7歳で世界1。(上海9月29日発新華社=中国通信)

■6月末時点の中国の個人商工業者、3601万人超

 国家工商行政管理総局によると、今年6月末現在の個人商工業者は3601万人、従業員は7333万9500人。改革・開放が始まった1978年、個人商業者は10万人だった。(北京10月3日発新華社=中国通信)

■国慶節連休中、全国の観光地に2400万人超 

国慶節大型連休中に中国の主な観光地119カ所を訪れた観光客は前年同期比8・84%増の2433万3800人で、観光収入は10・57%増の約12億4700万元(約150億円)だった。今年は中国共産党創立90周年、辛亥革命100周年にあたり、革命・伝統関連の観光に人気が集中。国慶節の1日、南京市の中山陵を訪れた観光客が前年の3倍以上の10万人に上るなど「辛亥革命観光」がブームになっている。(北京10月10日発新華社=中国通信)

■外務省の海外在留邦人数調査、在中国が2位で13万人 

外務省が2010年に在外公館を通じて実施した「海外在留邦人人数調査」の結果、10年10月1日時点で海外に在留する邦人総数(3カ月以上の長期滞在者と永住者の合計)は114万3357人。在留邦人総数は多い順に米国(38万8457人)、中国(13万1534人)、オーストラリア(4万7423人)となっている。(外務省ホームページ10月11日)


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket