中国最新info2012年2月15日、25日号

LINEで送る
Pocket

■中国の自動車保有台数1億超、運転免許取得者2・36億人
中国公安省交通管理局の発表によると、中国の昨年末の自動車やオートバイなどエンジン付車両の保有台数が2・25億台に達し、うち自動車が1億600万台、運転免許取得者は2・36億人に達した。そのうち女性は約19%。(北京1月10日発新華社=中国通信)

■2012年の人気の観光地トップ10
中国観光研究院が先頃、国内大手旅行各社とともに調査を行い、2012年に旅行者が行きたいと思う観光地トップ10を発表した。1位から順にチベット自治区ラサ、モルディブ、麗江、三亜、香港、台湾、アモイ、九寨溝、ロンドン、北京。(人民網日本語版1月16日)

■香港 日本の被災3県への渡航自粛警告を解除
香港特別行政区政府(特区政府)は1月16日、日本への渡航に関する警告レベルについて、宮城・茨城・岩手の3県に出していた赤警告(渡航自粛)を解除した。しかし、福島県については赤警告を維持している。警告レベルの引き下げは、東日本大震災による地震・津波被害の最新状況について検討評価した上で特区政府保安院が決定した。(人民網日本語版1月17日)

■北京市の昨年のGDP、「豊かな国」水準に近づく
北京市統計局の発表によると、北京市の昨年のGDPは1兆6000億元(約19兆2000億円)に達し、前年比8・1%増となった。常住人口に基づいて計算した北京市の1人当たりのGDPは8万394元( 約96万5000円)となり、米ドル年間平均レートで換算すると、1万2447ドルに相当する。年間1万2000ドル超という数字は北京市がすでに「先進国」の水準に近づいたことを示すものだという。ただし、全国平均と北京の格差は2倍以上。(人民網日本語版1月20日)

■ハイアール 家電売上げランキングで昨年も世界一
世界的な市場調査会社ユーロモニターがこのほど発表した大型家電製品の2011年ブランド別売上ランキングで、中国の海爾(ハイアール)集団が前回に続いて1位を獲得した。海爾の首位はこれで3回目で、世界シェアは7・8%。09年以前は米国のワールプール社が1位を独占していた。世界の家電市場が伸び悩むなか、海爾の売上高増加率は年21%で世界トップだった。(人民網日本語版1月30日)

■中国の肥満人口が急増、3億2500万人に
近年、中国の肥満人口が急増している。2010年に発表された報告書は、中国の現在の肥満人口が3億2500万人に達しており、増加率が米国、英国、豪州を上回ったと指摘した。また中国の肥満児童は過去15年で29倍になり、7歳以下の児童のうちおよそ5人に1人が肥満予備軍だという。(人民網日本語版2月2日)

 

■09年日本人留学者数、前年より1割減の6万人弱
文部科学省がこのほどまとめた2009年の日本人の海外留学者数は、前年より約10%減の5万9923人だった。多い順に米国(2万4842人)、中国(1万5409人)、イギリス(3871人)など。一方、2011年5月1日現在の在日留学生数(日本語学校を除く)は前年比2・6%減の13万8075人で、国・地域別では中国(8万7533人)、韓国(1万7 64 0人)、台湾(4571人)など。日本からの留学者は04年をピークに減少が続く。日本政府は海外留学の日本人学生30万人、外国人留学生30万人の受入れで計60万人の双方向交流を目指している。(文部科学省ホームページ1月20日)

■在日外国人労働者は68万人、うち中国人が43%
厚生労働省が1月27日に発表した、外国人雇用届出状況によると、2011年10月末現在の外国人労働者数は68万6246人で、前年同期より5・6%の増加。そのうち最多は中国(大陸・香港・台湾)の29万7199人。以下ブラジル(11万6839人)、フィリピン(7万301人)と続く。外国人労働者を雇用する事業所および外国人労働者はともに東京都が最多で、以下愛知、神奈川、静岡、大阪の順。(厚生労働省ホームページ1月27日)

■中国から日本に再びトキ提供へ
昨年12月25日の日中首脳会談で、中国から日本に新たなトキが提供される方針が示された。佐渡市のトキ保護センターが受入れ先となる可能性が高いという。中国は1985年から2007年にかけて5回・計8羽のトキを日本に提供している。03年に「キン」が死亡したことで日本産のトキは絶滅したが、人工繁殖で現在日本国内の飼育数は162羽となっている。今後、中日間でトキの提供時期と数について話し合いを行うとしている。(人民網日本語版1月30日)

■上海、病院や学校などでのガラスの壁面を禁止
上海市政府は2月1日から、「上海市建築のガラス壁面管理方法(規定)」を施行する。新たな規定により、今後上海の住宅や病院、学校、高齢者向け施設の「2階以上」の建築物のガラス壁面の採用が禁止となる。ガラス壁面の破損や脱落などが都市の安全面でのリスクとなっているほか、反射光が問題になっていることから、新規定が施行された。(人民網日本語版2月1日)

■改革・開放以来、中国留学生の7割が帰国して活躍
中国教育省の統計によると、2011年度の中国人の留学渡航者数は33万9700人で、同年の帰国留学者数は18万6200人だった。改革・開放政策以来、全渡航留学生の72%にあたる81万8400人が、学位取得後、帰国して活躍する道を選んでいるという。(人民網日本語版2月1日)

 

 

 


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket