耳寄りイベント情報 2012年7月25日号

LINEで送る
Pocket

展  覧  会

◆東日本大震災復興支援「中国人洋画家による絵画展」(東京)
日時/8月1
日(水)~ 2日(木)11時~ 17時会場/公益財団法人「日本財団」本部1階ホール(地下鉄銀座線「溜池山王」又は「虎ノ門」駅徒歩5分)内容/日本に留学または日本での生活経験があり、現在は北京を中心に活動している中国人洋画家16人による東日本大震災復興支援絵画展。各自が作品を中国国内で売却した代金を復興支援に役立てたいと日本財団の協力を得て、東京で親善活動を行うこととなり、その一環として開く絵画展。展示するのはメンバーの代表的な作品2点ずつ計30点ほど。現代中国の中堅洋画家の作風がよくわかる。主催は北京市日本帰国華人連合会「村里サロン」料金/無料問合せ/公益財団法人日本財団0362295111

公   演

◆中国文化芸術の響き「京劇ワークショップと中国伝統芸術」(東京)
日時/7月28日(土)14時30分開演会場/ムーブ町屋(地下鉄千代田線・京成線「町屋」駅徒歩1分)内容/日本在住の京劇俳優、張紹成による京劇ワークショップ。京劇の見方・楽しみ方、京劇「西遊記」の解説と体験、一瞬にして顔が変わる秘技「変面」、雑技など料金/一般2500円問合せ/CSC企画
048-477-6961、荒川区芸術文化振興財団03-3802-7111

◆中国伝統楽器 二胡のしらべ(茨城)
日時/7月29日(日)14時開演会場/徳川ミュージアムイベントルーム(JR「水戸」駅南口からバス20分「見川2丁目」バス停下車徒歩5分)内容/中国山西省出身の二胡(にこ)奏者の馬高彦(マ・ガオイエン)さんが山東省の民間音楽などを演奏する。毎月1回、同ミュージアムで日中音楽交流・中国伝統楽器演奏会を開く。茨城県日中、水戸市日中の後援料金/2500円(高校生以上)問合せ・申込み/ハガキまたはファックスで「コンサート名・住所・氏名・電話番号・人数」を明記して〒310-0851水戸市千波町2826-9 髙木昂方 日中音楽交流事務局まで。先着50人問合せ/
・ファックス029-243-5880

◆中国雑技特別公演「ファンタスティック・ドリーム」(香川)
日時/7月30日(月)19時開演会場/サンポートホール高松大ホール(JR「高松」駅徒歩3分)内容/日中国交正常化40周年記念事業として、中国の伝統的な雑技芸術を香川県民に広く紹介する。杭州雑技団のアクロバティックな技を披露する。上映時間90分料金/前売一般3000円、中高生2000円、小学生1000円(当日券はそれぞれ500円増)問合せ/主催のNPO香川県日中友好協会
087-831-8868

◆京劇「三国志—古城会—関羽千里行より」(東京)
日時/8月4日(土)18時開演会場/玉川区民ホール( 東急大井町線「等々力」駅徒歩1分)内容/日本で活動する京劇の新潮劇院による三国志のハイライト。漢の復興を目指す劉備、関羽、張飛の義兄弟が遥かな道のりと多くの困難を乗り越え「古城」の地で再会するまでの物語。新潮劇院の張春祥代表が関羽を演じる。字幕付き。京劇研究の第一人者の加藤徹・明治大学教授が初心者にもわかる京劇レクチャーを行う料金/一般5300円、高校生以下2000円、世田谷区民4800円、当日券は各500円増問合せ/劇団チケット担当
080-3486-3352

講   座

◆わんりぃ「第11回中国語で読む・漢詩の会」(東京)日時/7月29日(日)14時~ 15時会場/まちだ中央公民館6階視聴覚室(JR「町田」駅ルミネ口徒歩2分)内容/中国語で漢詩を読み、詩の背景などを学ぶ。講師は桜美林大学孔子学院講師の植田渥雄・同大名誉教授料金/1500円問合せ/わんりぃ050-1531-8622

募   集

◆中国で日本語を教えるボランティア募集内容/参加資格は20歳以上で高卒以上。日本語を教え、日本文化を伝える日本語の先生として。中高年も歓迎。派遣前に研修あり。赴任先での住居費、食費、通信費は原則として無料。毎月第2水曜・土曜に説明会(8月は8日と11日)。参加費無料。FAX、メールで予約。FAX03-3263-6615、メールifca@sepia.ocn.ne.jp 説明会参加が困難な場合は請求に応じて資料を郵送する。郵送料500円、切手可会場/国際親善文化交流協会(JR「水道橋」駅西口すぐ)問合せ/03-3263-6699

映   画

◆東京中国文化センター・中国映画上映会会場/東京中国文化センター(港区虎ノ門3-5-1・37森ビル1F、日比谷線「神谷町」駅4番出口徒歩5分)日時・内容/8月3日( 金)15時=『純愛』2008年。抗日戦争が終わりを告げる頃、日本の「開拓団」は命からがら中国を離れることになる。恋人同士の愛と俊介は逃亡の最中、苦難の末ある農村に留まることに。その後2人は別々の選択をすることになった料金/無料問合せ/同センター03-6402-8168、Fax:03-6402-8169、E-Mail:ccctok@hotmail.com


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket