耳寄り情報2010年6月25日号

LINEで送る
Pocket

展覧会

 「陶芸の美—日本・中国・朝鮮」(東京)(終了しました)

日時/6月26日(土)~8月8日(日)10時~17時。月曜休館(7月19日は開館、20日休館)

会場/五島美術館(東急大井町線「上野毛」駅徒歩5分)

内容/五島美術館の所蔵品のうち古墳時代から江戸時代にかけての「日本の陶磁」や唐・宋・明時代の「中国陶磁」の逸品、「高麗・朝鮮陶磁」など約60点を紹介する

料金/一般700円

問合せ/☎03-3703-0661(テープ案内)

公  演

◆第17回BeSeTo演劇祭—日本・中国・韓国合同演劇祭(東京・静岡・鳥取)(終了しました)

日時/6月29日(火)~7月25日(日)

会場/東京=新国立劇場・こまばアゴラ劇場・アトリエ春風舎、

静岡=静岡県舞台芸術公園、

鳥取=鳥の劇場

内容/日本・中国・韓国の3カ国の芸術家が合同で日中韓の俳優の出演作品を含む9作品・72公演を行う。BeSeTo(ベセト)とは北京、ソウル、東京の英文表記の頭文字をとったもの。中国作品は『川劇 欲望の海~オニール作「楡の木陰の欲望より」』と『覇王歌行~項羽、歌の翼にのる』。

問合せ/実行委員会事務局☎03-3445-8011

◆崔岩光(サイ・イエングアン)ストーリー(トーク&歌)(東京)(終了しました)

日時/7月2日(金)18時30分開演

会場/三越劇場(日本橋三越本店6階)

内容/中国・大連出身のソプラノ歌手。1992年の来日以降、日本を拠点に国内外のオペラ、リサイタルなどに出演。軽快なトークと思い出の歌曲を聞かせる

料金/6500円

問合せ/ルーチェ・サイ音楽事務所☎047-320-8961、チケットは劇場窓口でも販売中

講  座

◆東京中国文化センター・連続講座「永遠のシルクロード」(東京)(終了しました)

内容/6月22日(火)から始まる「平山郁夫̶中国との交流の軌跡」展の会期中に6回の講座でシルクロードの魅力を紹介する

会場/東京中国文化センター(地下鉄「神谷町」「虎ノ門」駅徒歩5分)

内容/①7月2日(金)「シルクロードを平山郁夫と共に駆けて」講師:平山美知子氏・鈴木肇氏、

②7月9日(金)「シルクロードを通じた日中文化交流」講師:阿南・ヴァージニア・史代氏、

③7月16日(金)「西域南・北道の知られざる文化遺産」講師=小島康誉氏、「中国人から見た平山郁夫先生と国際交流の現状」講師:段躍中氏、

④7月23日(金)「玄奘三蔵とシルクロード」講師:安田暎胤氏

⑤「天山南路・音楽の旅 復元楽器演奏」講師:劉宏軍氏、

⑥「シルクロード、世界遺産への歩み」講師:前田耕作氏。(定員各回80人)

料金/無料 事前に申込みが必要申込み方法/往復ハガキ、ファックスまたはメールで〒105-0001東京都港区虎ノ門3-5-1 37森ビル1階 東京中国文化センター内「講演会事務局」☎03-6402-8168、fax03-6402-8169、メールccctok@hotmail.com

◆連続公開市民講座「中国を知る」(埼玉)(終了しました)

日時・内容/第5回=7月3日( 土)14時~16時30分「中国人留学生と日本人学生の意見交換会」司会進行役:田中寛・埼玉県日中会長、

第6回=7月17日(土)14時~16時30分「アジアの光芒̶アジアと日本を考える」講師:田中寛埼玉県日中会長・大東文化大学外国語学部教授

会場/埼玉会館会議室(JR 「浦和」駅西口徒歩7分☎048-829-2471)

料金/1講座500円

問合せ/埼玉県日中☎048-714-0505

映  画

◆『嗚呼 満蒙開拓団』上映会(茨城)(終了しました)

日時/7月7日( 水)①13時30分~15時30分②19時~21時(2回上映)

会場/茨城県立県民文化センター小ホール(JR「水戸」駅徒歩15分またはバス10分)

内容/日中不再戦之碑保存顕彰会主催、茨城県日中、茨城県、水戸市ほかの後援

料金/1000円、チケット=県民文化センター(☎029-241-1166)、茨城映画センター(☎029-226-3156)

問合せ/日中不再戦之碑保存顕彰会事務局☎029-243-5880

◆笠間市日中上映会『母ときた道』(茨城)(終了しました)

日時/7月18日(日)13時30分

会場/笠間市立笠間公民館大ホール(JR水戸線「笠間」駅徒歩10分)

内容/拾ってきた赤ん坊を貧苦の中、母性という本能だけで必死に育てる知的障害の母親。幼少の頃は片時も離れない母娘。しかし、成長するにつれ学校まで娘を見に来る母親を次第に疎ましく思い始めた娘。時が流れ医者となった娘が精一杯の愛を注いでくれた母の追憶を雲南省の美しい棚田の農村を背景にたどる感動の物語

料金/一般1000円、高校生500円、小中学生無料

問合せ/☎0296-72-2162(太田)

募  集

◆第6回「日本人の中国語作文コンクール」応募作品募集(終了しました)

内容/中国語ができる日本人(学生の部・社会人の部)。テーマは①メイドインチャイナと日本人の生活②私が見た上海万博③自由。字数は横書きで1200字。デジタルデータまたはプリントアウト、手書き原稿で。学生の部・社会人の部、各1人に最優秀賞(賞状と中国往復航空券)

応募期間/2010年9月1日~30日

応募方法/詳細は日中交流研究所のサイトhttp://duan.jpまたは、郵送で〒171-0021東京都豊島区西池袋3-17-15 日本僑報社内日中交流研究所まで☎03-5956-2808日中友好のしんぶん第2063号2010 年6 月25 日(8)


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket