耳寄り情報2011年6月15日号

LINEで送る
Pocket

展 覧 会

◆「没後百年 銭慧安展」(滋賀)(終了)

日時/6月19日(日)まで。9時30分~ 17時。月曜休館

会場/書道文化と世界を学ぶ博物館「観峰館」(近江鉄道「五箇荘」駅徒歩10分)

内容/銭慧安(せんけいあん)は中国・清朝後期に上海で活躍した「海上派」を代表する画家の1人で今年没後百年にあたる。題材の多くは故事・伝説と吉祥画である。館蔵の作品を中心に銭慧安の弟子や交流のあった画家の作品もあわせて紹介する。6月18日(土)13時から同館で関連講座(500円)がある

料金/一般500円

問合せ/(財)日本習字教育財団「観峰館」☎0748-48-4141書道文化と世界を学ぶ博物館

◆平山郁夫と玄奘三蔵の道(山梨)(終了)

日時/6月27日(月)まで。火曜休館(祝日は開館)10時~ 17時

会場/平山郁夫シルクロード美術館(JR「小淵沢」駅で小海線に乗り換え「甲斐小泉」駅前)

内容/平山郁夫画伯が玄奘三蔵の足跡をたどり、構想に30年の年月をかけ、奈良薬師寺の玄奘三蔵院に奉納した『大唐西域壁画』。その原寸大下図、当時のシルクロード取材ノート、スケッチブック、写真資料などを展示し、制作の様子を紹介する

料金/1200円

問合せ/同美術館☎0551-32-0225

バ ス ツ ア ー

◆第2回日中友好・寺社巡りバスツアー(滋賀)(終了)

日時/6月24日(金)集合=10時・大津市JR「大津」駅前、解散=17時予定・同駅

内容/日中友好の歴史にちなむ寺社を訪ね、日中友好に想いを巡らせてもらうことを主旨として「寺社巡りバスツアー」第2弾・滋賀編を行う。日中友好協会関西ブロック(大阪府・京都府・奈良県・兵庫県・和歌山県・滋賀県)の主催。幹事は滋賀県日中。今回は比叡山延暦寺と三井寺を参拝する。延暦寺の開山と天台宗派の由来を通して日本と中国の密接な関係を紹介する。爽やかなこの季節、琵琶湖の雄大な眺望もツアーの見所のひとつ。(社)日中友好協会の後援

料金/10000円

問合せ/日中関西ブロック協議会☎06-4395-1111または滋賀県日中☎077-522-3957

公   演

◆張会斌二胡リサイタル(東京)(終了)

日時/6月26日(日)19時15分開演

会場/東京文化会館小ホール(JR「上野」駅公園口すぐ)

内容/中国音楽学院大学民族楽団コンサートマスターなどを歴任し、1996年に来日した二胡奏者。上海万博でも演奏した。曲目は中国東北の民間楽曲「江河水」、ビゼー作曲の「カルメン」など

料金/5000円

問合せ/☎03-5292-4803(張会斌二胡アカデミー)

中 国 語

◆宋侃(そうかん)さんの中国語 土曜特別講座(東京)(終了)

日時/第2回=6月11日(土)。第3回=7月9日(土)どちらも13時~ 15時

会場/日中友好会館7階会議室(5階に東京都日中事務所、JR「神田」駅または「お茶の水」駅徒歩15分ほか)

内容/災害に関する語彙や表現を学習する。講師は東京都日中の中国語講師・宋侃さん。第2回は「災害に関する会話」、第3回は「ニュースを聞く・読む」。要申込み

料金/ 1回2000円

問合せ/NPO法人東京都日中☎03-3295-8241(担当:林麗子)

◆中国語で交流しよう!「東京中国文化中心漢語之家」(東京)(終了)

日時/6月9日・16日・23日・30日の木曜日18時30分~ 20時

会場/東京中国文化センター(地下鉄「神谷町」駅または「虎ノ門」駅徒歩7分、37森ビル1階)

内容/中国語を勉強中の人、中国留学、駐在経験のある人、または日本人と交流したい中国のみなさん、中国の事情などについて情報交換しながら交流を深めませんか。同センターの中国人スタッフが話す

料金/無料・お茶付

問合せ/☎03-6402-8168申込み/ccctok@hotmail.comまで氏名・電話・メールアドレス・参加希望日を明記してメールで申し込む

料  理

◆チャイ華・水餃子パーティー(神奈川)(終了)

日時/6月26日(日)13時30分~ 16時

会場/フォーラム南太田 生活工房(京浜急行線「南太田」駅徒歩3分、横浜市営地下鉄「吉野町」駅徒歩7分☎045-714-5911)

内容/日本語・中国語で会話を楽しみながら皮から作る水餃子クッキングに挑戦。1人での参加も大歓迎

料金/1000円、高校生以下500円、未就学児無料。エプロン持参のこと

問合せ/神奈川県日中☎045-896-0124

映   画

◆奥村和一さんお別れの会『蟻の兵隊』追悼上映(東京)(終了)

日時/6月19日(日)13時~ 17時

会場/Space&Cafe ポレポレ坐(JR「東中野」駅徒歩5分「シアターポレポレ東中野」と同じビルの1階)

内容/生涯を山西残留問題の真相究明に捧げ、5月25日に亡くなった奥村和一さんのお別れの会。『蟻の兵隊』の追悼上映と追悼トーク、歓談で故人をしのぶ。写真家・岡本央さんが撮影した奥村さんのスチール写真や故人が収集した資料を展示する

料金/2000円(飲み物・軽食を用意します)

問合わせ/『蟻の兵隊』池谷薫監督☎090-4096-3974)


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket