耳寄り情報2011年7月25日号

LINEで送る
Pocket

展 覧 会

◆特別展「天竺へ―三蔵法師3万キロの旅」(奈良)(終了)

日時/8月28日(日)まで。9時30分~ 18時。毎週金・土曜日と8月2日(火) ~ 15日(月)は19時まで開館。月曜休館

会場/奈良国立博物館・東新館・西新館(近鉄「奈良」駅徒歩13分)

内容/仏法を求めてはるばる天竺(インド)へと旅立った唐の高僧、玄奘三蔵。その生涯を大和絵に描いた全長総計190㍍を超える国宝「玄奘三蔵絵」(藤田美術館所蔵)全12巻を初めて同時公開する。また、奈良朝写経の名品である国宝「大般若経(魚養経)」387巻を一堂に展示し、玄奘がインドからもたらし漢訳した仏教経典のボリュームの大きさを実感してもらう。玄奘の偉大な足跡をたどるとともに、その旅の事績が現在も広く親しまれる『西遊記』の物語へと変貌するまでの道のりも紹介する

料金/一般1200円

問合せ/ハローダイヤル☎050-5542-8600

◆「中国竹草工芸展 編むかたち・織るこころ」(東京)(終了)

日時/8月1日(月)~ 17日(水)11時~ 17時・土日休館

会場/日中友好会館美術館(JR「飯田橋」駅東口徒歩7分)

内容/竹や草で編んだ工芸品は古くから人々に好んで用いられてきた。背負い籠、花瓶、収納箱など鑑賞用・実用の様々な作品75点で中国で愛されてきた「竹草工芸」を紹介する

料金/無料

問合せ/(財)日中友好会館文化事業部☎03-3815-5085

テ  レ  ビ

◆NHKBSプレミアム「もうひとつのシルクロード オアシス点描」(終了)

日時/7月19日(火)18時~ 18時30分「風と砂と人と~現代西域南道」・

26日(火)18時~18時30分「草原の道~現代天山北路」・

8月2日(火)18時~ 18時30分「熱砂の道~現代天山南路」 

内容/NHK特集「シルクロード」(50分・12本シリーズ)は1980年に放送。翌年、30分版として放送されたシルクロードシリーズをアーカイブから再放送

◆NHKBSプレミアム「証言ドキュメント 周恩来とその時代〜家族と側近が語る、知られざる人間像」(終了)

日時/第1回=8月1日(月)「周総理に育てられた6人兄弟」・

第2回=2日(火) 「誰も来なくなった総理の執務室」・

第3回=3日(水)「家族に降りかかった悲劇」・

第4回=4日(木)「四人組との死闘」、4回とも21時~22時

講  演  会

◆東京中国文化センター「あっ!と驚く日中異文化理解」(東京)(終了)

日時/7月21日(木)15時~ 18時

会場/東京中国文化センター(地下鉄「神谷町」駅徒歩5分、37森ビル1F)

内容/三潴(みつま)正道・麗澤大学外国部学部教授が「日中ビジネス・日中民間交流でぜひとも知っておきたい基礎知識」と題して日中異文化コミュニケーションについて話す

料金/無料

問合せ/☎03-6402-8168

講   座

◆「日中友好県民講座」(神奈川)(終了)

日時/8月29日(月)18時30分~ 20時

会場/かながわ県民センター7階711号室(JR「横浜」駅西口徒歩5分)

内容/横浜国立大学の村田忠禧教授が行う全3回講座の最終回。中国留学経験のない村田教授がいかにして中国語をマスターしたのか、そのノウハウを「中国語の学び方に関するいくつかの提案」として教える

料金/一般1000円、学生500円

問合せ/神奈川県日中☎045-896-0124

見 学 会

◆辛亥革命百周年記念「鶴見総持寺見学会」(神奈川)(終了)

日時/8月17日(水)10時集合・JR「鶴見」駅西口改札口

内容/孫文と共に革命に参加した黄興の追悼碑や孫文の扁額などが横浜・鶴見区の総持寺に残されている。孫文が書いた扁額「大観」をはじめ、中国革命追念碑などの展示品を見学して孫文と革命に思いをはせる。

料金/500円(拝観料ほか)

問合せ/神奈川県日中☎045-896-9124

映   画

◆東京中国文化センター「2011年8月・中国映画上映会」(東京)(終了)

会場/東京中国文化センター(地下鉄「神谷町」駅徒歩5分、37森ビル1F)

日時・題名/8月5日(金)『変面-この櫂に手をそえて』( 呉天明監督・1996年・97分・字幕=中国語)

、8月12日(金)『天堂凹-FREEWAY』( 安戦軍監督・09年・98分・字幕=中国語/英語

、8月19日(金)『地下鉄3号線』( 舍言監督・06年・95分・字幕=日本語)、

8月26日(金)『田舎の結婚-COUNTRY WEDDING』(楊立新監督・07年・90分・字幕=日本語)

毎回15時開演

料金/無料

申込み/東京中国文化センターあてにメールで申込む。ccctok@hotmail.com ☎03-6402-8168

募   集

◆中国で日本語を教えるボランティア募集(終了)

容/参加資格は20歳以上で高卒以上。日本語を教え、日本文化を伝える日本語の先生として。中高年も歓迎。派遣前に研修あり。赴任先での住居費、食費、通信費は原則として無料。毎月第2水曜・土曜に説明会(8月は3日と6日)。

参加費無料。ファックス、メールで予約。ファックス03-3263-6615、メールifca@sepia.ocn.ne.jp

会場/国際親善文化交流協会(JR「水道橋」駅西口すぐ)☎03-3263-6699日中友好のしんぶん第2098号2011年7月25日


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket