耳寄り情報 2011年10月25日号

LINEで送る
Pocket

Untitled document

展 覧 会

◆春日の風景—麗しき聖地のイメージ(東京)(終了)

日時/11月6日(日)まで。10時~ 17時。月曜休館

会場/根津美術館(地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線「表参道」駅徒歩8分)

内容/春日大社創建の由来や春日神の物語を描いた壮大な絵巻(全20巻)「春日権現験記絵」(かすがごんげんげんきえ)から第1巻と第19巻を特別出品。春日の景観を描いた中世から近世の絵画・工芸作品35点を展示して、和歌にも詠まれる春日山と春日野をイメージする。関連の講演会が10月29日(土)14時から同美術館講堂で

料金/一般1200円

問合せ/☎03-3400-2536

◆大飛鳥展—正倉院への道—(奈良)(終了)

日時/11月13日(日)まで。10時~ 17時30分。会期中無休

会場/奈良県立万葉文化館(高市郡明日香村飛鳥、近鉄橿原線「橿原神宮前」駅または「飛鳥」駅からバス「万葉文化館西口」下車)

内容/開館10周年記念特別展「大飛鳥展」で地元飛鳥(明日香)の文化と美術を顧みる。「夢違観音」の名で知られる銅造観音菩薩立像(飛鳥時代・国宝・法隆寺蔵)など、国宝4件、重要文化財23件を含む国内外の美術品66件を展示して国の礎が築かれた飛鳥時代(7世紀)の文化に迫る

料金/一般1000円」

問合せ/同館☎0744-54-1850

◆第63回正倉院展(奈良)(終了)

日時/10月29日(土) ~ 11月14日(月)9時~ 18時。金曜・土曜・日曜・祝日は19時まで。会期中無休

会場/奈良国立博物館 東新館・西新館(近鉄「奈良」駅徒歩13分)

内容/聖武天皇愛用の金銀鈿荘唐太刀(きんぎんでんそうのからたち)はじめ総計62件の宝物が出陳される。香道が盛んになる中世以降「蘭奢待(らんじゃたい)」と呼ばれ、希代の名香として時の権力者にも珍重された黄熟香(おうじゅくこう)の初出展をはじめ、表面に沈香の粉末を漆で練ったものを塗り込み、丁子などを半肉に埋めた沈香末塗経筒(じんこうまつぬりのきょうづつ)など、香に関する宝物が香炉類とともに出展されるのも話題の一つ

料金/一般1000円、オータムレイト(閉館1時間半前に販売する当日券)700円

問合せ/奈良国立博物館(ハローダイヤル)☎050-5542-8600

公   演

◆岸和田市日中友好協会設立25周年記念行事「ヤン・チェン 心の絆 コンサート2011」(大阪)(終了)

日時/11月12日(土)14時開演

会場/岸和田市マドカホール(南海本線「春木」駅徒歩10分)

内容/大阪音大留学中から岸和田市日中と長く交流のある中国・西安出身の歌手、ヤン・チェンさんのステージ。オリジナル曲や中国民謡、懐かしい日本の昭和歌謡曲や唱歌など。ゲストの張連生氏による二胡演奏もある

料金/無料だが入場整理券が必要申し込み/岸和田市日中事務局までファックス072-422-1951に申し込む問合せ/☎072-445-0541(実原)

講   座

◆第19回JCC中国講座「辛亥革命百周年に考える」(東京)(終了)

日時/11月5日(土)18時

会場/八王子クリエイトホール第2学習室(JR「八王子」駅北口、京王線「八王子」駅徒歩4分)

内容/JCC設立10周年記念として、久保田文次・日本女子大学名誉教授、JCC顧問)が「辛亥革命百周年に考える」と題して講演を行う。中国が歩んできた歴史とともに、「革命いまだ成らず」という孫文遺嘱の意義を考える

料金/500円

問合せ/NPO法人宋慶齢基金日中共同プロジェクト委員会☎042-646-4210

映   画

◆東京中国文化センター「2011年11月・中国映画上映会」(東京)(終了)

会場/東京中国文化センター(地下鉄「神谷町」駅徒歩5分、37森ビル1F)日時・題名

/11月4日(金)15時『花木蘭-ムーラン』(119分)中国語、字幕=日本語、09年、内容:古代中国の女性の英雄「花木蘭」を描いた作品、

11月11日(金)15時『契約父子』(89分)中国語、字幕=中国語、04年、内容:一人っ子の小海は毎日遊んでばかり。大学卒業を前に退学処分を受けてしまう…。現代の一人っ子を描いた作品、

11月18日(金)15時『馬世清の離婚』(97分)中国語、字幕=中国語、03年、内容:退職した中年男性とその妻、様々なことから二人の関係は悪化し、互いに離婚を決意、

11月25日(金)15時『胡楊人』(95分)中国語、字幕=日本語、07年、内容:新疆タリム川流域の村の発展と、発展によって伐採されていく新疆を象徴する木「胡楊」の保護、そして胡楊の木とともに生活する人々をテーマにした作品

料金/無料

申込み/東京中国文化センターまでメールで申し込む。ccctok@hotmail.com ☎03-6402-8168

募   集

◆中国で日本語を教えるボランティア募集

内容/参加資格は20歳以上で高卒以上。日本語を教え、日本文化を伝える日本語の先生として。中高年も歓迎。派遣前に研修あり。赴任先での住居費、食費、通信費は原則として無料。毎月第2水曜・土曜に説明会(11月は9日と12日)。参加費無料。ファックス、メールで予約。ファックス03-3263-6615、メールifca@sepia.ocn.ne.jp会場/国際親善文化交流協会(JR「水道橋」駅西口すぐ)☎03-3263-6699

 


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket