耳寄り情報 2011年11月15日号

LINEで送る
Pocket

展  覧  会

◆細川家の至宝 珠玉の永青文庫コレクション(京都)(終了)

日時/11月23日(水・祝)まで。9時30分~ 18時、毎週金曜は20時まで。月曜休館

会場/京都国立博物館(東山七条、京阪電車「七条」駅から徒歩7分)

内容/東京・目白にある永青文庫には旧熊本藩主、細川家所蔵の宝物が護り伝えられておりその数は8万点を超える。今回その中から、中国・戦国時代(前4 ~ 3世紀)の「金銀錯狩猟文鏡」(国宝)をはじめ重要文化財の「十一面観音立像」(鎌倉時代)、小林古径の日本画「髪」などの名品を一堂に展示紹介する

料金/一般1400円

問合せ/☎075-525-2473(テレホンサービス)

公   演

◆東日本大震災復興応援コンサート「賈鵬芳&天華アンサンブル 第二のふるさとに心を寄せて」(東京)(終了)

日時/11月29日(火)19時開演

会場/Hakuju Hall(地下鉄千代田線「代々木公園」駅徒歩5分☎03-5478-8867)

内容/二胡の賈鵬芳(ジャー・パンファン)と天華アンサンブルのメンバー、笙の王明君(ワン・ミンジュン)、琵琶の蒋婷(ジャン・ティン)、古箏の姜小青(ジャン・シャオチン)、揚琴の石磊(シー・レイ)が音楽を通して被災地に想いを伝える。チケット収入から必要経費を除いた全額を直接被災地に役立つ方法で寄付する料金/一般5500円(当日)、5000円(前売)

問合せ/ラサ企画☎090-2725-7381

シンポジウム

◆神奈川県日中「中国辛亥革命100周年記念シンポジウムinかながわ」(神奈川)(終了)

日時/11月23日(水・祝)10時開会

会場/横浜市開港記念会館・講堂(JR「関内」駅徒歩5分)

内容/辛亥革命から百年、孫文の理想の現代的意義とこれからの日中関係を共に考える1日に。神奈川県日中の主催、神奈川県、横浜市、(社)日中友好協会ほかの後援。第1部ではNHKハイビジョン特集「孫文を支えた日本人~辛亥革命と梅屋庄吉~」の上映、開港記念会館内見学会、神奈川フィルハーモニー管弦楽団・弦楽四重奏演奏会がある。午後からの第2部のシンポジウム「辛亥革命から百年 そしてこれからの日中関係は」の基調報告は中国社会科学院近代史研究所の歩平所長による「辛亥革命と日本」。パネルディスカッションのコーディネーターに村田忠禧・横浜国立大学教授、パネリストは藤井省三・電気通信大学名誉教授、曹徳深・横浜華僑総会顧問、朱建栄・東洋学園大学教授、小坂文乃・日比谷松本楼常務取締役(梅屋庄吉曾孫)の4人

料金/一般1000円、会員・後援団体500円、学生・留学生無料

問合せ/神奈川県日中☎045-896-0124

講 演 会

◆岡山市日中創立30周年記念講演会「世界調査から見た中国の食生活と健康・長寿」(岡山)(終了)

日時/11月19日(土)14時

会場/岡山大学津島キャンパス創立50周年記念館(JR「岡山」駅からタクシー約7分またはバスで最寄の「岡大入口」まで10分)

内容/京大名誉教授で健康・長寿問題に造詣が深い家森幸男氏とフリーの映像作家で中国の食問題に詳しい重森貝崙氏が「中国の食生活と健康・長寿」を話す。家森氏は20年間にわたり25カ国61地域を調査研究してきた。同日中、岡山大学、岡山市の主催

料金/無料 定員400人

問合せ/NPO岡山市日中☎086-225-5068

◆滔天会文化講演会(東京)(終了)

日時/12月3日(土)13時30分~ 16時30分

会場/豊島区勤労福祉会館6階第7会議室(JR「池袋」駅西口徒歩5分)

内容/『日中関係とODA(政府開発援助)~北京駐在を終えて』と題して前JICA(現独立行政法人国際協力機構)中国事務所副所長の岡田実氏が対中ODAの原点と軌跡をたどりながら、日中協力の現場について話す。司会は段躍中氏(日本僑報社・日中交流研究所)

料金/1000円(茶菓代として)

問合せ/日本僑報社☎03-5956-2808

◆NPO法人東京都日中・工学院大学孔子学院 共同連続講座(東京)(終了)

日時/11月16日(水)14時30分~ 16時

会場/エステック情報ビルB1・工学院大学インフォメーションサテライト(JRほか「新宿」駅西口徒歩4分)

内容/「胡錦涛体制から習近平体制へ」と題して月刊誌『人民中国』編集顧問の横堀克己さんが話す。来年秋の党大会で習近平氏を中心とする新執行部が誕生する見込みだが、今年7月に行われた胡錦涛総書記の「重要講話」を手がかりに中国のこれからを読み解く(台風15号の影響で中止された9月21日の振替として実施。当初予定していた講座「転換期に立つ中国経済」は来年度あらためて実施する)

料金/1500円、学生500円

問合せ/☎03-3340-1457

映   画

◆『桃源鎮』『古井戸』『CEO』『五人の娘』『柳堡の物語』(東京)(終了)

日時/11月26日(土)『桃源鎮』10時20分、『古井戸』12時20分、『CEO』14時50分、『五人の娘』17時20分、『柳堡の物語』19時10分

会場/文京シビックホール会議室(文京区役所がある文京シビックセンター3階、地下鉄丸の内線・南北線「後楽園」駅直結)

内容/1957年の『柳堡の物語』から2002年の『CEO』まで、80年代、90年代の話題作5本を上映する

料金/1作品につき700円、(一般会員は600円)1年間有効のフリーパス会員8100円)

問合せ/現代中国映画上映会☎03-5689-3763(スケジュール案内)詳細は☎090-8315-1203


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket