日中友好交流のつどい 2012年12月17日

LINEで送る
Pocket

熱気がこもった

友好交流のつどい

20120325 12-a 20120325 12-b

 

暮の12月17日、池袋の大福来において文化交流委員会が主催して「日中友好交流のつどい」が開かれた。宇都宮会長が主催者を代表しての挨拶のあと、日本遼寧同郷会から宋啓海副会長が乾杯の音頭をとった。

出し物は、まずサックス演奏の鄭俊忠さん。それに続いて大海グループによる、チベットの踊りや日本民謡と中国の踊りが、それぞれの衣装を着飾って、会場のところ狭しと盛り上げた。

参加者は社会人、帰国者、中国留学生を中心として、全体的に若者が多く、大福来の中華バイキング料理は大好評で飛ぶようにはけて、みなその美味に舌鼓をうった。ラストはお楽しみ抽選会。中国からの帰国者などとも合わせて一七五人が集まって、熱気溢れて、心と心が触れ合うつどいであった。


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket