北京市婦女代表団 多摩少年院などを参観

LINEで送る
Pocket

孫鳳蘭・北京市婦女連合会組織部長を団長とする北京市婦女代表団6人が都日中の受け入れで来日した。
婦女連の活動の一つである青少年の健全育成の見地から日本の更生施設参観を希望、渡辺道代女性委員長の案内で、日本で一番古い伝統をもつ八王子の多摩少年院と最新の設備の立川拘置所を訪問、概況の説明を受けた後、施設を参観した
団員の王増勤・北京市高級人民法院幹部は参観を通じて、「職員の人たちは家族を含めて負担も大きく大変な仕事だと感じた。日本の施設は人権に配慮したものでとても勉強になった」と述べた。
この日の夜は、都日中女性委員会主催の歓迎懇親会が新宿ワシントンホテル内の「八吉」で開かれ、30人が出席した。
古島常務副会長の歓迎挨拶に続いて、王団長が団員紹介と挨拶。「しゃぶしゃぶ」鍋を囲んで懇談し、最後に全員で「北国の春」や「海はふるさと」を合唱し(写真上)和やかな雰囲気のなかお開きになった。


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket