東京日中友好議員連盟訪中団報告

LINEで送る
Pocket

2017年12月17日~20日で東京都日中友好議員連盟協議会訪中団が北京、上海を訪問した。東京都と特別区の議員のみなさん合計22人、男性13人、女性9人の団で、今年が連盟結成後初めての訪中となる。今年が平昌、2020年が東京、2022年が北京とアジアでのオリンピック開催が続くこともあり、北京市では冬季オリンピック委員会の会場を訪問した。かつての製鉄所の跡地を取り壊すのではなく、リノベーションで活かしている部分が中国の新たな一面を感じさせるものだった。

最近急速に広がったシェア自転車は日本とは異なり、どこにでも乗り捨てられるタイプのものが普及しており、QRコードやタイヤがどうなっているのかなども関心の高かった人がいたようである。

各自治体には友好都市提携を行っている自治体も多く参加しており、夕食時には提携先の自治体幹部も出席し、旧交を温めていた。

今回ははじめて中国を訪問した方も多く、これまでの中国のイメージが変わったという人もいれば、1か月前に中国に来ており、中国との近さを感じさせる方までとバラエティに富んだ構成となったが、議員のみなさん同士での交流も深まり、この輪がさらに広がり、地方から国を動かすような日中友好の流れができることを期待したい。(伊藤)


北京2022年冬季オリンピック・パラリンピック組織委員会


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket