北京市からのお見舞い文が届きました

この度の新型コロナウイルスの状況に対して、当協会と友好関係にある北京市人民対外友好協会からお見舞い文をいただきました。

東京都日中友好協会 会長 宇都宮德一郎 様

謹啓

「感染症は一時的なものですが、友情は末永く続きます。この度、 日本特に東京地域での新型コロナウイルス感染拡大に対し、謹んで 北京市人民対外友好協会を代表し、貴協会また東京都民の方々に心 からお見舞い申し上げます。

弊会は東京都でウイルス感染拡大の動向を緊密にフォローして おります。3月24日、東京五輪は 2021 年に延期されることが決まりました。3月 25 日夜、小池知事が緊急の記者会見を開き、「当日感染者数がこれまでで最も多い。今の状況を感染爆発の重大局面と捉えてほしい」と述べました。

山川異域、風月同天。中国とウイルスと苦戦していた時、貴協会をはじめ日本の各組織からお見舞いおよび貴重なご理解とご支持を頂いたことは私たちの心に深く刻まれております。現在、東京都 のウイルスと戦う最中で、東京都民の直面している巨大なる挑戦と困難に、私たちも心を痛めております。

情勢は厳しいですが、曙光は目の前にあります。日本国民の英知 で感染の早期収束を信じております。また、収束後、両協会が更に 協力を深め、両国・両首都の間の民間友好事業の発展に一層貢献で きることを期待しております。

最後として、宇都宮会長とご家族のご健康とご活躍をお祈り、お見舞いの言葉とさせて頂きます。

北京市人民対外友好協会常務副会長
張謙
2020年3月27日

原文はこちら

最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net