【青年委員会BLOG第11回】~中国で世界上最大の水利工程~三峡ダムを紹介する~

 

こんにちは。

青年委員会メンバーのZhouです。

今回は中国で世界上最大の水利工程、三峡ダムをご紹介します。

三峡ダムとは、世界4大河川の一つである長江上流から中流にかけて作られたコンクリートダムのことで、湖北省宜昌市三斗坪にあり、1993年に着工し2009年に完成しました。
三峡ダムは高さ181m、流域面積100万平方キロ、貯水容量393億㎥、発電容量2,250万kwのダムであり、ダムの規模・巨大さ以上にその総合的な機能(発電、洪水防止、水運)である。
三峡の瞿塘峡 巫峡 西陵峡の綺麗な風景です。
三峡ダムは黒部ダムとほぼ同じ高さである。
三峡ダム発電容量は2250万kwであり、日本全国内の水力発電所の合計量約80%に相当する。
年間発電量は900~1,000億kWhであり、日本国内の年間水力発電量954億kWhとほぼ同じ程度だ。
2020年の大洪水時とき、上流からの降雨はダムに貯留させて、下流地域の武漢などを保護される。
三峡ダムにより、長江での通行難所は解消され、長江の輸送力は大きくに改善された。
中国での綺麗な風景・巨大プロジェクトを探しましょう。
最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net