私の留学した大学、上海東華大学

どうも、広報のまるこです。

今日は僕が上海の東華大学に留学していた時のお話をしたいと思います。

上海の東華大学に入学したのは、2007年でした。

東華大学は、元々は「中国紡績大学」という名称で、留学生の受入れ、モデル学部、ファッションデザイン学部などを導入すると共に名称が変わり、僕はこの大学が留学生を受けれ始めての2期生として入学しました。

「ロケーションの良さ、丁寧な授業で留学生の人気上昇中」

東華大学は中国教育部に所属する数少ない重点大学の一つで、中国最大の国際都市である上海の中心部に位置し、虹橋経済開発特区に隣接しています。

紡績・服装などの分野において世界でも知名度が高く、現在、18の学院、47の学部、61の修士課程研究科、29の博士課程研究科からなっており、学生数が25,000名あまりにのぼるそうです。。。。

中国語の留学期間は半年から3年まで。初級上・下、中級上・下、上級上・下の六つのレベルに分けられていて、中国語の読み書き、聞き話しの授業のほかに、中国文化、武術、中華料理、上海語入門、HSK試験指導、標準語発音、ビジネス中国語などの選択科目も設けており、社会見学や旅行などの活動も多いです。

僕は留学本科生として4年間在学し、最初は中国語を中心に勉強していましたが、

途中から太極剣や卓球、書道、上海語など、中国の文化に関わる授業が必須科目として加わってきました。

ここの大学の特徴として、文化活動が多いことだと思います。

留学生が主催するイベント「国際多国籍フードフェス」や「タレントコンテスト」が年に数回あったり、

とにかく留学生による留学生のためのイベント活動が多彩でした。

寮はありましたが、相場より高かったので、僕は外で部屋を借りて住んでいましたね。。。

(外国人価格の設定があるので、寮は便利ですが割高です)

そしてここの食堂がうまい!っで評判

外部の学生や近所のおばちゃんがよく食べに来るほど評判で、

僕はよく「洋葱牛肉」「番茄炒蛋」を食べていました。

お腹いっぱい食べて、8元くらい(14円くらい??)そしてまじでうまい。

今考えるとありえないくらい安いですね。。。。

下のURLは公式HPですが、真ん中あたりの細長い写真(たくさん学生が載っている)の一番右の空手道着を着ているのが僕ですw

http://japanese.dhu.edu.cn

最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net