9/26 第2回日中親善ゴルフ大会 活動リポート

爽やかなゴルフ日和の第2回日中親善ゴルフ大会

 第2回日中親善ゴルフ大会は2015年9月26日(土)認定NPO法人東京都日中友好協会、全日本華人華僑総工会の主催により関越ハイランドゴルフクラブで行われた。8組29名(中国大使館2名)が参加した。

 2・3日前のゴルフ場の天気予報は雨マークのため心配したが、前日、曇りに変わり安心した。しかし、当日の朝、東京では雨が降り止まない。不安の中、関越自動車道からゴルフ場に向かうにしたがって空模様がだんだん明るくなり雨はすっかり上がり、爽やかなゴルフ日和となった。

 スタート前、全員で写真を撮り、朝妻敏夫都日中理事のルール説明後、2コース4組ずつに分かれてプレイが始まった。プレイ中はゴルフの腕前を競いつつもお互い励ましあい、上級者がスイングを教えるなど親睦が深まり、昼食時には各テーブルで会話が弾んでいた。

 プレイでは、ハーフ(9ホール)11パットで回った区議会議長の田島先生。プロ並みですね(宇都宮会長:談)。本コース4回目と言う上野さんグロスが何と200(パープレイ72)を超えた。奮起してゴルフに取り組んで頂きたいですね(中村:談)。優しく穏やかな中国大使館黄挺書記官、力強いゴルフスイングが美しい。練習すれば飛距離250ヤード超間違いなし(朝妻:談)。ゴルフが上手い、下手を問わず老若男女で楽しめるスポーツであることが証明される大会となった。

 プレイ終了後の懇親会は、中村明弘実行委員長の挨拶で始まった。「昨年優勝し、今回の実行委員長を仰せつかった。楽しくプレイできるよう努めた。今回優勝した方は次回の実行委員長をお願いしたい」と挨拶し喝采を浴びた。主催者を代表して都日中宇都宮徳一郎会長は「ゴルフというスポーツ交流を通じて親睦が行われていることは本当に素晴らしい」と挨拶した。華人華僑総工会から体調不良を押しながら応援にかけつけて頂いた鈴木宝利副主席と任志鵬事務局員。代表して鈴木副主席は「雨から曇り、そして晴れ、今日の天気ように日中友好交流が一層発展するよう願う」と述べた。中国大使館景春海参事官は「都日中の取組みに今後も一層協力したい」と挨拶し乾杯を行った。

 朝妻都日中理事より成績発表が行われた。ニアピン賞は、宇都宮会長、佐藤健一さん、染谷ひさのさん、望月巌雄さん、小山三喜雄さん、染谷進さん(2ホール)に。尾崎隆信常務副会長より賞品のゴルフボールが渡された。栄えある優勝は小山三喜雄さん(グロス89、ネット72,2)優勝カップと賞状、賞品のキャディバックが宇都宮会長より渡された。準優勝は染谷ひさのさん。三位は田島憲二さん。ベスグロは染谷進さんの79と言う素晴らしい結果に。優勝賞品などは東京華僑総会、全日本華人華僑総工会、平井靖人都日中理事、ゴルフ場からご提供を賜り、また、参加者からの持寄り景品も頂き心よりお礼申し上げます。参加賞は一筆箋と都日中のボールペン。参加者からは「こんなに賞品貰っていいの」と喜ばれた。

 閉会の挨拶は中野修常務副会長より「開催場所が少し遠かった。次回は近場の会場設定、早めの準備を、実行委員長を中心に進めたい。」と述べ会を閉じた。

20150926_golf_1_1024
20150926_golf_2_1024
20150926_golf_4_1024
 20150926_golf_3_1024

 

最新情報はこちらから
>認定NPO法人東京都日本中国友好協会

認定NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net