北区日中 2020 春節餃子パーティー

 北区日中友好協会では去る2月2日、恒例の春節餃子パーティーを王子小学校ランチルームで開催した。今年は中国で発生した新型コロナウイルスの影響で、最近、中国への渡航歴のある方の参加自粛要請もあり、60名を超えるキャンセルがあったものの、日中合わせて107人が参加した。例年より多めのマスクとアルコール消毒液を用意して、朝9時から餃子の皮と具の仕込み作業を家庭科室で開始。10時半にはランチルームで餃子の皮包みを中国人が日本人に手ほどきしながら交流を深め、正午に花川與惣太会長(北区長)の新年挨拶の後、来賓の東京都日中・中野修常務副会長と高木啓衆議院議員、渡辺かつひろ区議会議長から祝辞が述べられた。友好議員連盟の戸枝大幸会長が乾杯の発声をおこない、賑やかにパーティーが始まった。途中、東京芸大留学生による二胡演奏の後、東京五輪聖火リレーランナーに選ばれた3人の方と北京五輪の近藤欽司卓球女子監督の紹介があり、それぞれに大きな拍手が送られた。また「中国加油!武漢加油!」を参加者全員でコールし、新型コロナウイルスに立ち向かう中国人民にエールを送った。その後の豪華景品?が当たるビンゴゲームでは、司会者の読み上げる数字に一喜一憂し、上がりの人が出る度に大きな歓声が上がり、景品は全員に行き渡った。終始、笑顔の絶えない和やかなパーティーも名残を惜しみつつ、皆川副会長の挨拶で閉会した。なお、事前に中国で不足しているマスクを送ろうと呼びかけていたが、当日、多くの方から受付にマスクが届けられた。

私ごとですが毎年餃子パーティーを楽しみにしていることがあります。
それは「骨付き肉」食べられることです(画像上左)。
中国の庫車(クチャ)で食べたのを、とても懐かしく思い出します。
地元民はストローで骨の髄液を飲むのが美味しいそうなのですが、
なかなかうまく吸えず味はわかりませんでした。(画像上右)

料理を提供してくれた王子にある中華料理店・天安門さん、
店の特別メニューにしてはいかがでしょうか。
来年も楽しみ
にしています。

☆☆☆☆☆  次回イベントのお知らせ  ☆☆☆☆☆

  日中友好スポーツ大会を5月に予定しています
  詳細が決まりましたらHPにてお知らせ致します。

最新情報はこちらから
>認定NPO法人東京都日本中国友好協会

認定NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net