千代田区日中 日中友好新春のつどい 2012年2月4日

LINEで送る
Pocket

千代田区日中 日中友好新春のつどい

健康麻将牌を使って ビンゴゲーム

 20120325_10-f

 

2月4日、神保町の「咸亨酒店」において「定期総会」と「日中友好新春のつどい」を開催しました。

事業計画では、4月8日(日) 、千代田区の「桜まつり」にあわせて、「中国留学生を招いて桜祭りの会」、秋には 「漢字の由来」展を千代田区役所1Fホールで開催を決定。

恒例の「日中友好新春のつどい」は、総会終了後同会場で、後楽寮より中国留学生10名をお招きして行いました。田邊恵三理事長、内田茂副会長(自民党都連幹事長)、石川雅己千代田区長、牧田安夫・東京都日中常務副会長のごあいさつがあり、和やかで楽しい雰囲気のうちに進行しました。中国留学生には、各人に自己紹介とメッセージをいただきました。

余興の健康マージャン牌を使ったビンゴゲームは、いつもながら大いに盛り上がりました。選り取りの景品が中国留学生全員にいきわたるとあって大喜び。他に牧田都日中常務からのプレゼントや「友好手帳」2012年版を進呈しました。高山理事の一本締め、片岡相談役の閉会の辞で終了。

その後は例年通り、会場からほど近い周恩来が学んだ東亜高等予備学校跡地を訪れ、当協会が建てた碑「周恩来ここに学ぶ」の前で記念撮影を行いました。


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket