日中友好スポーツ交流会  卓球”愛ちゃん”の監督から手ほどき

LINEで送る
Pocket

都日中と北区日中の共催による友好スポーツ交流会が北区の滝野川体育館を会場に4月25日、90名の参加を得て盛大に開催された。今年も体育館を3分割し、第1面はバレーボール、第2面はバドミントン、第3面では卓球と太極柔力球コーナー。参加者は自由にプレーでき、バレーからバドミントン、午後は卓球などと競技を渡り歩いて参加者同士は初顔合わせでも仲良く友好を深め合った。太極柔力球の体験コーナーは中国生まれのニュースポーツという物珍しさも手伝って、参加者は係員の指導の下、ラケット片手に体を動かしていた。
午後には北京オリンピック全日本卓球女子の近藤監督が会場を訪れた。〝愛ちゃん〟を育てた監督の手ほどきを受けようと、練習ラリーの台には行列が出来る盛況ぶり。気さくに記念写真に応える監督の人柄にも参加者一同感激の様子であった。  
全員が心地よい汗を流し、けが人もなく、午後4時、解散した。事前の打ち合わせの段階から日中青少年交歓キャラバンOB、OG有志が実行委員として運営に協力した。

201004_sports_4

201004_sports_1

201004_sports_2

201004_sports_3

 


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket