2018 春節餃子パーティー

LINEで送る
Pocket

CCTV大富のニュース番組「日本新聞」で放送されました。

 北区日中友好協会では去る2月18日、恒例の春節餃子パーティーを王子小学校ランチルームで開催し、日中合わせて160人が参加した。朝8時半から餃子の皮と具の仕込み作業を家庭科室で開始、10時半にはランチルームで餃子の皮包みを中国人が日本人に手ほどきしながらの交流となり、約1600個の餃子が完成した。12時からのパーティーで北区日中の花川與惣太会長(北区長)が新年の挨拶を述べ、来賓の東京都日中・栗山眞之理事長と高木啓衆議院議員、榎本一区議会議長からは祝辞が述べられた。友好議員連盟の戸枝大幸会長が乾杯の発声をおこない、賑やかにパーティーが始まった。テーブルには熱々の水餃子の他、お寿司、焼きそば、唐揚げの他、中国の参加者には懐かしい油条(揚げパン)が並べられ、まるで故郷にいるようだと中国人参加者は喜んでいた。途中、留学生によるドジョウすくいのパフォーマンスが喝采を浴び、パーティー後半のビンゴゲームでは、景品には腕時計、暖房機などの豪華な景品が並べられた他、抽選を併用し、折りたたみ自転車、旅行カバンや5千円の商品券もあり、参加者は司会者が読み上げる数字に一喜一憂し、上がりの人が出る度に大きな歓声が上がった。また、残った景品争奪の参加者全員によるジャンケン大会も行われ、会場は大いに盛り上がり、景品は全員に行き渡った。終始、笑顔の絶えない和やかなパーティーも名残を惜しみつつ、皆川副会長の挨拶で閉会した。なお、後日、CCTV大富のニュース番組「日本新聞」で当日の模様が放送された。




9時、いよいよ準備開始です。会場設営と王子小学校の調理室をお借りして具材作りです。



ここでは少年野球のママさん達に協力をお願いしました。



餃子の皮も自分たちで作ります。中華料理店王子「天安門」シェフの王さんに協力してもらいます。



野菜の水分をとります。いつも裏方で申し訳ありません。



野菜と肉を合体します。味付けするのも「天安門」の王さんです。



出来上がった皮と餡は会場のランチルームに運びます



餃子包みの始まりです。



皮を作るのはチョット難しいです。回り は薄く中心部は少し厚くします。



ベテランの人が教えてくれます。



綺麗にできたでしょ。



こうやるのかしら。そうそう。




どんどん出来てきます。形は不揃いですが美味しさは皆同じです。



餃子は会場の屋外で茹でます。寒風のなか一番きつい作業です。



北区日中の花川與惣太会長(北区長)による開会の挨拶です。さあ餃子パーティーの始まりです。



北区日中議連の戸枝大幸会長による音頭で乾杯です。新年好!敬酒!















餃子を茹でるのが追いつきません。



昨年の定期大会後の懇親会で「変面」を披露してくれた王文強さんのドジョウすくい(安来節)です。中国の方が演じることにビックリ、コミカルな動きに大喝采です。



中国国費留学の方々にも大勢来て頂きました。



いよいよビンゴゲームの始まりです。進行役は勿論、丸山事務局長です、今年も絶好調。今年の目玉は虹橋商事の具世国さんが提供してくれた折り畳み式自転車です。







ビンゴと併用での抽選で自転車は埼玉県からの女性に当たりました。自転車に乗って無事自宅に帰れたでしょうか?。



ビンゴゲーム中歌の飛入りの人も出てきました。




残った景品はジャンケン大会で。



景品のパンダは子供、女性に大人気。子供に当たって良かったです。



皆さん、それぞれ記念写真を撮ってお別れです。



餃子パーティーの写真の一部をアップさせて頂きました。全部をご紹介できず残念です。
会場を提供して頂いた王子小学校様、会場作り、餃子作りにご協力頂いた皆様、ありがとうございました。
また、ビンゴ景品を提供して頂いた皆様ありがとうございました。
次回のイベントは4月22日日中友好スポーツ交流会です、会場でお会いすることを楽しみしております。
 再 見


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket