栗拾い 60名もの方々が参加 -西東京市日中-

LINEで送る
Pocket

9月20日正午より事務局長の都築邸農園にて秋季懇親会が開催された、主催は西東京稲門会で西東京三田会ゲストと日中会員が毎年参加、今回は60名を超えた。

初めに稲門会を代表して金子正男新会長の挨拶があり、続いて三田会の渡辺康生会長が挨拶に立った。共に西東京市日中の設立以来の役員である。会員の衆議院議員、都議、市議、また地元の大学寮生も参加し年々交流の輪を拡げている。

当日は天気にも恵まれ栗林に囲まれた自然の中で、バーベキュー、ビール等の飲料のサービスもあり、のんびり1日を過ごした。招待した河北、大連等から来ている武蔵野大学留学生は自慢の中国の歌を披露し皆から好感を得ていた。

留学生のほとんどは栗拾いは初体験で、嬉々として歓声をあげながら沢山の栗を拾っていた。              
(前田久男)

201011_kurihiroi


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket