世界遺産・日光へ 日帰りバスハイク 豊島区日中

LINEで送る
Pocket

世界遺産・日光へ日帰りバスハイク
豊島区日中

20110925_toban_10-C

7月17日、定例の豊島区日中日帰りバスハイクが行われ、日本人16人中国人26人を
乗せたバスはカラオケを歌いながら一路日光へと向かいました。中国の方々に日本の
世界遺産を見ていただくのが今回の主な目的です。

猛暑にもかかわらず、東照宮のうっそうと繁った境内の森に入ればひんやりと
涼しい風がほてった身体を吹きぬけ、冷気が神秘的にさえ感じられました。
荘厳な建物にため息をつきながら手にしたカメラに一生懸命収める姿に嬉しくなります。

お昼は杉並木を抜け鬼怒川温泉ホテル三日月へ。おいしいバイキングでお腹がいっぱいに。
それから夏バテにならぬよう温泉で身体を温めました。河原からそよ吹く風に空気も
一層おいしく疲れもすっかりとれました。

アンケートに天津出身の女性は「東照宮参拝までは暑かったけど温泉は気持ちがよかった。
お昼もいろんな料理を食べられて楽しかった、また来たいです」。上海出身の男性は
「家族三人初めて参加して本当に楽しかった。東照宮で日本の文化を体験でき、
温泉では日頃の疲れを取ることができました。豊島区日中友好協会に感謝したい」。

この他に「北海道・沖縄に行きたい!」などちょっと無理な回答もありましたが、
貴重な御意見もたくさん頂きました。暑かったですが皆さんに
ゆっくり楽しんでいただけて、ほっとしております。

豊島区日中リクリェーション委員会の実行委員として、今後はもっと内容を
充実し楽しいツアーを日中の皆さんにご提供したいと思っております。
また来年お会いしましょうね~


tonichu_side_tel

tonichu_side_fax

tonichu_side_mail

tonichu_side_toiawase


LINEで送る
Pocket