良くあるご質問

1.「NPO法人 東京都日中友好協会」 とはどんな組織?

日中友好協会とは、中華人民共和国成立の翌年(1950年)に、日中友好を願う国民各界各層の人々によって設立されたボランティア組織です。
2000年に協会設立50周年を迎え、全国本部は社団法人日中友好協会に、東京都日中友好協会は特定非営利活動法人(NPO法人)として新たなスタートをきりました。
 
日本政府・中国政府からも正式的に認められている機関でありますが、本協会は民間の組織であり草の根交流のみを行っております。政治的な関与は一切ございません。
 
設立時に民間から生まれた組織である東京都日中友好協会は、主に東京都にお住まいの方、お勤めの方、また通学されている方など、多くの人々によって支えられており、それぞれの会員がそれぞれの立場で、隣国である中国の歴史・文化・風俗に興味を寄せ、日中友好交流の道を作り出しています。
 
日本と中国、隣国同士、両国の明るい未来に目を向けて先達が立ち上げたこの素晴らしい団体を、未来永劫、子子孫孫のため受け継いでいきたいものです。
会員一人一人が主人公です。皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

2.具体的にどのような活動を行っているの?

青少年交流、会員訪中団、訪日団受け入れ、中国語教室や孔子学院との共催による中国最新情報をお伝えする講座。
また、春節パーティ、バスハイク、音楽祭、餃子作りパーティ、スポーツ交流会、スピーチコンテスト、中国旅行等のイベント企画運営を行っております。
 
各地区協会(北区友好協会、渋谷区友好協会等)または東京都友好協会が組織する文化交流委員会、中国語普及委員会、訪中団企画推進委員会、スポーツ委員会、広報委員会等、10以上ある委員会や部会が会議を重ね各種イベントを開催しております。
 
▼活動の詳しい情報はこちら
http://www.jcfa-tyo.net/k/katudonaiyo/

3.協会への問い合わせ方法は?

▼下記ページをご参照ください
http://www.jcfa-tyo.net/?page_id=2357

4.会員とは

年会費をお支払い頂くことにより、本協会会員となります。
会員になると本協会の企画運営に携わることができます。
 
イベントの運営や企画に携わることにより、様々な人と出会い、
日本と中国についてより深い知識を得ることができ、
またその活動が日中友好の架け橋の支えとなっていきます。
 
中国が好きという共通のキーワードを持って自然と集まったグループ。
心温まるアットホームな雰囲気です。
 
皆様に納めて頂きました年会費により
本協会は日中友好交流活動をしております。
 
会員の方が増えれば増えるほど日中友好交流活動が活発になります。
ぜひ皆様の入会をお待ちしております。
 
 
▼会員についての詳細情報はこちらへ
http://www.jcfa-tyo.net/toi/kaiinboshu/

5.会員になるにはどうすればいいの?

▼下記ページをご参照ください
http://www.jcfa-tyo.net/?page_id=2355

6.会員になったけど、どのように行動するの?

東京都日中友好協会は、各地に地区協会があります。
(渋谷区日中友好協会、豊島区日中友好協会、北区日中友好協会、西東京市日中友好協会等、10地区以上)
お住まいの市区に地区協会がある場合は、基本的に該当の地区協会の所属会員となります。
各地区協会の運営、イベントに参加して頂くことになります。
 
お住まいの市区に地区協会がない場合は、東京都日中友好協会の直属会員となります。
 
また、地区協会とは別に東京都日中友好協会本部が主催するイベントは委員会や部会により運営されております。
(文化交流委員会、中国語普及委員会、広報委員会等、10組織以上)
興味のある委員会や部会に所属し、イベントの企画運営を行います。
 
地区協会の会合や委員会への参加は強制ではありません。
イベントに参加者として参加し交流するもよし、ネットで会員同士交流するもよし、
機関誌の新聞で納付頂いた会員費が友好活動にどのように役立っているかを確認するもよしです。
アットホームな雰囲気の団体です、ご自分のペースで日中交流を楽しみましょう。

7.会員にならないと日中友好協会のイベントには参加できないの?

非会員の方でも各種イベントに参加頂けます。(政府招待の訪中団等ごく一部のイベントを除く)
どしどしお申し込みください、ご参加お待ちしております!
 
イベントの運営企画に携わる場合は入会をお願いいたします。