3月18日Onlineで始まる雲南省ビジネスセミナー ~写真で見る昆明、雲南省全土!爽やかな雲南 高感度抜群の雲南!日本人の期待も高い~東京都日中経済ビジネス委員会もシリーズで後援!応援! (記事:雲南の国境! ミャンマー視察時の 自転車でヤンゴンを走る!写真も!)

やはり中国雲南は 素晴らしい!3/18セミナー開始!

3月18日午後雲南省ビジネスセミナー Zoom!15時より~

Onlineで!東京都日中経済ビジネス委員会も協力!

  大自然は勿論、 ビジネス、一帯一路と雲南・・・等
  講師の方の解説、発表でビジネスに更に弾みを!

2021年3月18日午後 Onlineで 雲南省ビジネスセミナーが

ついに始まる。

雲南省商務日本処の主催であり、東京都日中経済ビジネス委員会も

後援として北海道他首都圏からの参加者へ、SNSで呼びかけている。

なんといっても親日的で、かつ天候もそして 人々の表情の日々日の

顔も見ているだけだ爽やかだ!

そしてインドシナ各国とも関係の深い 雲南省!

当Onlineセミナー もなんとか成功させてほしい!

雲南省と私の関係も 2005年から始まった。

JATA勤務時代、国交省等との関係で 現地研修や訪問も

おこなった。今でもこの雲南省方面への研修等は続いている。

 

緑と大自然! 更に氷河やメコン上流等につながるいくつかの

河の流れをみると心も落ち着く!

 

これからの 雲南省の益々の発展を期待したい。

*大自然

*自然と緑、 環境

*雲南省独特の風土、季節、歴史そして少数民族等の研究

 ~~~~~~~~~~~~~~~

以下は、かつての私の雲南訪問の数々と当時の状況:

現在、過去、そして未来の 雲南省とインドシナ諸国に

つながる交通の要所 ミャンマー等にも近い! 

まさにインドシナ各国との結びつき今後は重要な

ポイントともなってくる。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 数々の博覧会等でみる 昆明、雲南省・・・

中国と言えば、 こちら新疆や、地元雲南方面に行くと、そこで

初めて日本人グループに会える、と言われている。

大都市の上海や北京などでは日本人観光客に会うことは、ほぼ

無いと言われている、ここ2,3年の中国内での状況だ。

 

しかし、今回の雲南昆明交易会では、 様々な幾多のブールや

パビリオンが出展される中、 確かに最も賑わいを見せていたの

は、やっぱり「日本か・・!」と言われる場面があった。

「日本ブース・展示」だ。

 

いかに多くの中国人が「日本に関心」を寄せているかがわかる

一場面だ。提灯や和服姿でもてなすスタッフの方々の佇まい

も極めて魅力的に映るようだ。

ブース前は次々と「お客様」がやってくる。

   中国内、 やっぱり日本も捨てたもんじゃない!と、誰もが

   誇らしげに思う瞬間だ。

 

しかし、 問題は深刻だ。

中国政府が、今、最も欲していること~今回のイベントの最大の

目的は、「いかに多くの海外からの観光客」がより多く、

 中国へきていただくか・・・が、最大のテーマである。

が、現実はどうだろうか、特に日本の場合はだ。

「観光」は実質、ゼロに近い。(ほとんどがビジネスだ)。

この大きな課題を私たちも改善すること、 だ。

 

当時は こんな会場で 開場!

 中国国际旅游交易会是亚洲地区最大的专业旅游交易会,

得到了世界各地旅游业界人士的关注。中国国际旅游

交易会一年一届。从2001年起,每年分别在上海和昆明交替举办。

2017年中国国际旅游交易会由中华人民共和国国家旅游局、

中国民用航空局和云南省人民政府共同主办,在昆明滇池国际会展中心举办。

・・・・・

参展国家及地区达到 106 个。展位总数 2593 个,其中,国内展位数
1813 个,占展位总数的 70%;海外展位数 780 个,占展位总数的 30%;

空地展位 2224 个,占展位总数
的 85.7%。参展单位 1088 家,其中国内参展商 598 家,

港澳台参展商 80 家,海外参展商 410 家。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(今までの関連~)

商談にも、「営業」にも、やはり笑顔が・・

 (温暖な昆明での会場にて~花にも囲まれた会場にて)

先週そして今週と 雲南省おいて、中国一そしてアジア最大の

交易会~商談会に参加した。 これは総合的な余暇・旅や

サービス、環境そして関連する周辺産業に関する商談会であり、

「売り手と買い手」双方による取引をすることです。

 

(とは言え、時間的な制約もあり十分な話し合いと

まではいかなかった部分もあったが、中国内ばかり

でなく、アメリカ等における「事業」の見直しやあり方、

そしてインドシナ方面での新「情報」の活用等について

は大いに参考となった。

昆明と言えば気候温暖で環境にやさしい大自然、

SLOW社会等でもたびたび話題とはなっているが、

実態はまさにその正反対の部分も多々あり、あとは

各自がいかに判断しそれらの情報を整理し、事業や

その後の生活などに役立てることもできる。

(その後の判断は、各自、その後の取組み方によって異なる)。

 

今回の11月半ば過ぎの雲南昆明は、半袖でも過ごせる

ような温暖な気候であったが、季節によっては同じ時期

であっても小雪が舞う時もある。

 

物価も安く生活するにも中国内では最良の地だ、

という方も多くいる中国内での多くの人たちも考えて

いることだが、しかし、今の昆明の状況は大きく様変わりして

いることも事実だ(一部地区のゴーストタウン化や、

高級リゾート地区の大量開発等々・・)。

 

日本にいても様々な情報がネットを通じて入手するこ

とも可能だが、ネット情報だけでは得られない生の

情報は、現場に行って実際に「観て、聞いて、確かめる」

ことが重要だ。

~~~~以上 雲南省 関係の写真と 記事~~

~次は 雲南省すぐ南はミャンマー!~~

その街中を 自転車で走る 写真と 記事

暑さに負けず走る、乗る、見る 撮る 考える他~

ミャンマーヤンゴンでの街中で、 
  そしてプノンペンも・・・

 

 

 

◆次々刻々~インドシナ(10)走る、歩く、急ぐ・・
小さな街であればオートバイに乗り(乗せられ)

そして自転車で隈なく走り~プノンペン、 そして

 

広い緑に包まれたヤンゴンの街では車と列車で・・。

やはり隅々まで訪ねるには自転車が便利だ。 

あとは日中のこの蒸し暑さとの闘いだ。物価の安さ

にも助かるアセアン街道・・。通常の観光客も物価

には助かり恩恵も感じる。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今月、今週 ミャンマーでの軍の発砲等

不幸な出来事が続く・・・・・

街の様子が あまりに心配だ!

最新情報はこちらから
>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net