学生会員インタビュー

 

 

齋藤さん 2020年入会

Q.入会のきっかけは?

大学2年生の夏に日中友好協会の訪中団に参加して、1週間ぐらい中国を訪問し、3年生の時に都日中が募集していた公費留学に応募して中国留学をしました。

コロナの影響で現地の留学が半年で終わってしまって、中国とのつながりを無くしたくないと考えていた時に、一番身近な存在が日中友好協会だったので入会を決めました。

Q.どんな人と繋がりたいと思ったのですか?

自分の大学は外国語大学なので中国語学科の友人はいるけれど、社会人の人や他の大学の人とつながりたいと思いました。ちょうど就職活動もしているので、社会人の人がどう中国と関わっているのかというのも興味があります。

大学ではみんな中国語を勉強しているけれど、それぞれバラバラの道を進んでいて、同じ方向へ進んでいるという感じがあまりないです。一方で、日中友好協会の人と話していると同じ方向に進んでいるなということを感じることが多いですね。

Q.入会してからのギャップはありましたか?

青年委員会があるとは知っていたが、具体的な活動は知りませんでした。入ってみるとイベントに参加するだけではなくて、自発的にイベント企画ができる環境があって面白いなと思いました。

Q.これから都日中でどんなことに挑戦したいですか?

大学で日本語教育を専攻しているので、中国での日本語教育方法などを紹介できたらなと思います。

それから、就活を通じて、中国に関連した仕事を見つけるのが難しいということに気づきました。なので、中国関連のお仕事をしている方へのインタビューを行い、みなさんのキャリア形成に役立てていただければ嬉しいなと思っています。

 

 

長田さん 2020年入会

Q.入会のきっかけは?

小さいころから中国と関わりがあって、何かできればと思っていました。
中国留学したいと考えていた時、大学の先生が紹介してくれたのが都日中が募集していた公費留学でした。

これがきっかけで都日中を知りましたが、周りに日中友好協会に入っている人がいなかったので、どういう組織かわからず入会を迷っていました。

協会のウェブページで知ったイベントに参加し、協会の人と実際に話をしてみて面白そうだと思ったので入会しました。

Q.入会してよかったことは?

1年間公費留学をすることを決めましたが、周りに長期留学をしている人がいなかったんです。でも日中友好協会の説明会に行ったときに留学をした人の話を聞くことができ、同じようにこれから留学に行こうと思っている人とも知り合うことができたのは本当に良かったです。

また、社会人と学生の両方と交流できます。なので、中国に留学したい、中国語を生かして働きたいという人に出会えたのも入会して良かったことの一つです。

Q.都日中ではどのようなことをしていますか?

青年委員会の広報担当としてで公式SNSの投稿を行っています。広報担当者同士でフォロワー獲得につながる投稿のコツやデザインの勉強会を開くなど、みなさんと交流するのが楽しく、やりがいもあります。

 

>NPO法人東京都日本中国友好協会

NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net