中国ドラマ、映画の何がおもしろいのか。日本のドラマを見なくなるワケ

今回は、中国のドラマ、映画などが大好きな3人の大学生に中国ドラマ等のお勧め、特徴についてお話いただきました。

登壇者プロフィール

齋藤有沙(東京外国語大学中国語科4年)

中国との関わり:訪中団参加、浙江大学1年留学

今はまっていること:创造营の動画を見る

星野泰代(大阪大学外国語学部中国語専攻4年)

大学1年の時から阪大中国語劇団に所属し、主にキャストを務める。(《杨贵妃》武惠妃役、《我不是李白》护士役、《失恋三十三天》黄小仙役)
普段は、広東語を含めた中国のドラマ・映画鑑賞したりC-POP聞いたりしている。

南愛莉 (青山学院大学英米文学科4年)

中国語は大学1年から第2外国語として学び始めた。
中国大学院進学を目指して現在も中国語勉強を継続中

一二三彩夏(上海大学東京校中国語学部中国語学科1年)

幼い頃から漢字が好きで中国語を学びたいと思いはじめる。中国LOVEな人を増やすのが目標です!

中国のテレビ、ドラマ、映画でみんなが見ているものは何?

私は楊洋(杨洋 yangyang)という俳優が好きで、もっぱらラブロマンス、ラブコメを見ています。

斎藤

私は创造营というオーディション番組をずっと見ている。

もともと4月に終わったものですが、まだ見終わってません。

今回できたグループは日本人が3人いて、中国人が8人で全部で11人のグループになりました。

 

中国ドラマを見たことがない、初心者へのお勧めは?

斎藤

2018年に花より団子の日本語字幕ありのものをネットフリックスで見ました。

花より団子は元々知っているので親しみやすいと思います。

しかも、日本のものと内容が少し違って、たとえば日本のものはニューヨークだったものがロンドンを舞台にしているなど、新鮮味も感じられます。

中国のドラマだと最初、顔とキャラクターの名前が一致しないで困る人も多いと思いますが、F4はわかっているのも良いと思います。ただ、長いです。

星野

長いという人には、映画から見たら良いと思います。アニメも映像がきれいです。

大鱼や罗小黑战记は子どもも大人も楽しめるものになっています。

斎藤

台湾映画はやさしくて、youtubeでも見られるのが良いです。

どのぐらいの中国語のレベルで動画鑑賞を勉強に使えるか。おすすめの勉強法は?

斎藤

ネットフリックスの日本語字幕であれば、どのレベルでも見られると思います。

字幕がないのは、5級、6級ぐらいからでしょうか。

日本語の字幕があれば、浴びるように中国語を聞くことができます。

中国語の勉強を始めた時からもっと見ておけばよかったと思いました。

中国語字幕だと5級ぐらいからだと思います。

星野

私は最初から中国語字幕を見ていました。

日本語字幕だとお金を払わないとみられない場合が多く、また勉強のために見ているので、全部を知ろうとは思いませんでした。わからない部分は見返せば良いと思っていました。

斎藤

わからないと、途中で心が折れないですか。

星野

なんとなく1話目は面白くないと思っているので、飛ばしています。

途中でも面白くないところは飛ばしてしまいます。

見る前にネットであらすじ、ストーリーというのを調べて、それを頭に入れてから見ていたりもします。

ネタバレしても良い派なので。

見る作品をどうやって探している?

一二三

みなさん、見る作品はどうやって探していますか?

斎藤

Youtubeで調べて、なければ中国のアプリで見ています。

星野

免费观看で調べます。爱奇艺、腾讯、WeTV、一帆视频あたりですね。

芒果TVも見ます。weTVはCMが短くてお勧めです。

星野

ランキングで調べてもいます。検索ワードは、电视剧 排名。

斎藤

私は友人の紹介が多いですね。

私はポスターで面白そうなものを見ていたりします。

星野

あとは好きな俳優で調べたり、youtubeでお勧めで出てくるのを見たりですね。

日本の作品との違い。中国あるある

長い

星野

1話は1時間ぐらいだけど、話すの数が50以上というのが多くある。日本だとカップルになって終わりというところを、その先があるのが中国ドラマ。

恋愛のドラマなのに、恋愛全く関係なしの話になることがあり、それを飛ばすこともある。

脇役の恋で3,4話流されるなど、細かい部分まで描かれる。

ラスト近くになると急展開してくる。

宮廷ものなど、時代劇あるあるは李姉妹がyoutubeで出しているので、見てみるのがおすすめです。

昔を振り返るシーンが多くないですか。中学時代のシーンだったら、そのシーンを同じ人が演じる。30代の人が中学時代を演じている。

しかし、なぜか中国のドラマだとすんなり受け入れられる。

斎藤

声が本人でないことが多いです。時代劇ものだと、必ずといっても良いほどアフレコ。訛りの問題というのは聞いているのですがなんでなんでしょうか。

ネットで調べると、アフレコの声優が誰かというのもわかります。

アフレコだとわかると、口にめがいってしまうというのもある。

オーディション番組あるあるで、これみよがしに置いてある広告品。ドラマでもある。

あからさまにラベルのあるペットボトルがテーブルの上にあるとか。

斎藤

CMが途中でないので、そうするしかないのかもしれない。

あとは、オープニングで壮大なネタバレ。ドラマで男の子と女の子が手をつないでいるシーンが流れる。1話目は仲が悪い設定なのに。

恋愛、ラブコメだと出会う前、知り合うまでにすれ違い勝ち。実はすれ違っているというシーンがある。

斎藤

スローモーションが多い。最初は笑ってしまった。

最近のトレンドなのか、会社内のラブコメはインターン生と上司。インターン生は男性で、上司は女性という設定が多かった。

あと、日本語の邦題にシンデレラが多い。

中国ドラマを見始めたきっかけは?

星野

勉強のためですね。

私もそうです。教科書だと勉強で使わないものもあるので、実際に使われている中国語を学びたいと思いました。

斎藤

友人が好きな人がいて、お勧めされてです。

星野

勉強きっかけでない人が中国ドラマにふれる人が少ないので、もっとしてもらえればなと思っています。

最新情報はこちらから
>認定NPO法人東京都日本中国友好協会

認定NPO法人東京都日本中国友好協会

〒113-0033 東京都文京区本郷3-4-5 ハイムお茶の水702号
TEL:03-3295-8241 FAX:03-3295-8255
新型コロナウイルスの関係で時短勤務となっております。
電話がつながらない場合は、090-7204-7305(松尾)or 090-9316-1458(林)へお願いします。
E-mail:to-nicchu@jcfa-tyo.net